神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:20
 HOME
HOME > 平成24年活動報告 > 衆院解散総選挙を睨んで・・・

衆院解散総選挙を睨んで・・・

秋に解散と報じられていた衆院解散・総選挙が、どうも来年に持ち越しそうな雲行きになってきた。解散は首相の専決事項だから、誰もわからないけど、野田首相が日露首脳会談で、12月訪露を打診したことで、年内の衆院解散・総選挙はないということか?21日の投開票に向けて、民主党代表選も4人が立候補を届け出て、でも、何となく民主党代表選も決まっているようで、ロシアだけじゃなく中国・韓国との領土問題もあり、来年度の予算編成も考えると、早くても来年明けということかな。

それにしても、領土問題で日本の世論を刺激したのは、何れもロシアであり(メドベージョフ首相の国後島上陸)、韓国であり(李明博大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言)であり、中国(尖閣諸島の上陸)であり、今になって感情論に走っても得るものはないという言葉にはちょっと理解に苦しむ。次期首相には、きちんと領土問題解決の道筋をつけ、将来に先送りしないように国益を考えて行動してもらいたいと思う。

自民党総裁選も動きが出てきた。谷垣総裁が立候補しないと表明。何か混沌としてきなぁ〜。社会保障と税の一体改革に関しての三党合意はどうなるか。権謀術数というか、誰がどうなっているのか、政治の世界というのは本当にわかりづらい。(何となく暗くパッとしないということで?)選挙の顔にならないから、はしごを外され、怖い世界だなぁと感じる。

橋下徹大阪市長率いる「日本維新の会」の動きも活発になってきた。国の統治機構にメスを入れるというのは、非常にわかりやすく地方分権型国家への転換は、どこの党も主張しながら出来てこなかったから、期待も大きいんじゃないかと思う。ただ、小泉チルドレンでわけのわからない人が政治に携わり、小沢ガールズでもっと政治がおかしくなり、これで橋本ベイビーズの大量当選になったらどうなるのかと危惧する人たちも多い。地方できちんと真面目に取り組んでいる地方議員と国会議員との構図であればわかりやすいのになぁと思ったりする。


その他平成24年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1678

コメント

1. 名前:百笑 - 2012/09/11 16:00
民主党の細野さんが立候補をとり止め、自民党谷垣総裁も突然立候補とり止め、明確に口に出さなかった石原幹事長が立候補…マスメディアの目が届かない所で高度な交渉&決断が行われたと推測され、これに関わった人たちがこれからの日本を動かすのかなぁ〜と思う反面… TVカメラの前でパフォーマンスを繰り広げる人がどんどん信用できなくなってきてるのは私だけでしょうか? 一票の格差なんて話が国会で行われていますが、国民の一票にかける思いがどんどん薄れていることこそ危機感を感じていただきたいです。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS