神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2023/12/04 00:49
 HOME
HOME > 令和4年活動報告

令和4年12月31日 ゆく年くる年

takayuki2022a

令和4年(2022年)12月31日、三男誉行の二十歳の誕生日。大雪の日の朝、添田町の中山産婦人科で生まれた。あれから20年。やんちゃ坊主で負けん気が強く、直ぐに泣くくせに、口だけは大人顔負けの言い草をする。姉兄弟でも一番自己主張をする、姉兄3人から鍛えられながら、なかなかたくましく、上3人とは違った体つきになってしまっている。その誉行が成人式を迎えるとは。
20年を振り返ると、実にいろんな出来事が起こり、予期しないことが世の中も家族も次から次へと・・・激動の時代に、家族みんなが波乱万丈な人生を送ったように思う。
そんな激動の時代に生まれたのも、何かの因縁なのか。これまで誰も経験したことのない時代だから、道なき道を切り拓いていくしかないんだと思う。もしかすると、この困難な時代を切り拓いていくために、生まれてきたのかもしれない。大きな夢をもって、みんなに希望を与え、これからの時代を切り拓いてもらいたい。間違いなく大きな可能性を秘めているんだと感じる。

 



忘己利他(もうこりた…己を忘れて他を利する)

12月定例会も終わり、いよいよ来春の統一地方選に向けて準備をしている。地域での挨拶まわりから帰宅するとポストに、お寺から”ふるさと通信”「法光寺だより」が入っていた。その一説に、「おらがおらがの我を捨てて、おかげおかげのげで生きよ」という詩があった。
続けて、「江戸時代の僧侶で歌人として有名な良寛という方が詠んだとされる歌です。私が私がという自分中心の考えでは見えてこない世界があります。「他力本願」という阿弥陀さまの光に照らされた、おかげさまの命を共に歩ませていただきましょう。」と書かれている。

自分自身を振り返ると、どうしても自分中心に考えてしまうことがある。もっとこうして欲しい。要求や要望、まわりに望むことが多くなりがちになっている。
忘己利他(もうこりた)という言葉があるが、これは、「己(おのれ)を忘(わす)れて他(た)を利(り)するは慈悲(じひ)の極(きわ)みなり」いう最澄の言葉で、自分のことは後にして、まず人に喜んでいただくことをする、それは仏さまの行いで、そこに幸せがあるのだという言葉だという。つまり、我欲が先に立つような生活からは幸せは生まれないのだという。

4年1度の選挙は、この言葉を思い出させてくれる。何のために政治を志したのか。誰のために何を為すべきなのか。原点にかえる。原点を忘れてはならない。何もないところから最初に応援して下さった方々を思い出しながら、「忘己利他」”おらがおらがの「我」を捨てて、おかげおかげの「下」に生きよ”

chiiki2022c

chiiki2022a

chiiki2022b



令和4年12月定例会補正予算

reiwa4nen12gatu

令和4年12月定例会(第20回福岡県議会定例会)開会日(12月1日)に、知事から議会に提案された議案は、予算議案2件、条例議案12件、工事請負契約の締結に関する議案10件、その他の議案5件の29件であった。予算議案(補正予算)については、事業費及び給与費の補正であり、事業費では、地域経済の活性化と成長・発展に要する経費のほか、新型コロナウイルス感染症対策、県議会議員選挙の実施に必要な経費を措置している。

1.地域経済の活性化と成長・発展
  峪業継続の支援」〜エネルギー価格や物価高騰などの影響を受ける事業者に対し、その事業活動が継続できるよう機動的な支援を行う。
 ⊂ε抗垢鬚呂犬瓩箸靴臣楼莊从僂魏嫉戮┐垢襪燭瓠⊂工会議所・商工会等が行うプレミアム付き地域商品券の発行を支援。また物価高騰に伴う発行経費の増加分に対する助成を実施。
 「福岡県版Go To Eat」キャンペーンとして、県独自のプレミアム付き食事券を新たに発行。
 じ玉価格高騰の影響を受けている農業者の負担軽減を図るため、米麦の共同乾燥調製施設に係る燃料代の一部を助成。

2.危機に強い経済構造の実現
 |羮企業や農業分野における生産性向上などの取組支援
 ▲ぅ鵐丱Ε鵐票要を県内全域に波及させるため、県内周遊ツアーを造成する県内旅行会社に対し、誘客数に応じた助成を行う。
 生産性を向上させる農業DXに取り組む農業者に対し、ロボットコンバインや総合環境制御システムなどのスマート農業機械の導入を支援
 な_市が進める那珂川の「リバーフロントNEXT」と連携し、那珂川沿いの天神中央公園のライトアップを進めるため、来年度の公共事業費を一部前倒しする債務負担行為を措置

また12月13日に予算議案2件を追加提案した。これは国の総合経済対策を最大限活用し、地域経済の活性化と成長・発展、次代を担う「人財」の育成、新型コロナウイルス感染症対策に要する経費のほか、安全・安心の確保に必要な経費を追加するもの。

1.地域経済の活性化と成長・発展
  峪業継続の支援」〜中小企業のコロナ関連融資からの借換えや、経営改善の取組などの新たな資金需要に応え、資金繰りを支援するため、県制度融資に「経営改善借換資金」を創設し、売上高減少等の要件を満たした事業者については、事業者が負担する保証料を県が全額負担する。
 ◆嵜靴燭癖_の避密の旅」観光キャンペーンについて、宿泊や旅行商品の料金に対する割引支援及び地域クーポン券の発行を1月以降も継続し、観光関連業界を支援する。

2.危機に強い経済構造の実現
 ,發里鼎り中小企業のデジタル技術を活用した製品開発や新たな生産方式の導入等を支援するため、国の補助率を県独自に嵩上げし、事業者負担を4分の1に軽減する。
 経営革新計画を策定し、売上拡大に向けた新商品・新サービスの開発に取り組む中小企業に対する助成費を増額。
 C羮企業における事業継承を契機とした新たな事業展開や、インボイス制度への対応を見据えたデジタル化を支援するため、国の補助率を県独自に嵩上げし、事業者負担を軽減する。
 で清畔野における営農組織が行う農地の団地化や土壌診断、ドローンを使った農薬散布等を支援。
 ツ礇灰好搬儻性ハウスの導入や農産物直売施設の整備等に対する助成。
 θ女茶の輸出拡大のための、農林業総合試験場八女分場に製茶設備を増設。
 Ц産木材の生産力強化するため、高性能林業機械の導入や木材加工施設の整備等を支援。
 ┐のこ生産者に対し、木質バイオマスボイラーなどの設備導入支援。
 県産水産物の輸出拡大するため、福岡市中央卸市場の冷蔵施設の整備支援。筑前海に人口漁礁を設置。
 野生イノシシの豚熱遺伝子検査の精度向上のため、中央家畜保健衛生所に高性能PCR検査機器を整備

3.時代を担う「人財」の育成
 ^食事業者の人材確保対策として、店長など店舗の運営管理責任者に対し、シフト管理や労働環境改善のための講習会を実施し、就業希望者に対し、個別相談からマッチングまで一貫した就職支援を行う。
 農業高校の学習内容にハウス内環境の遠隔監視システムなどスマート農業機器を活用した実習や先進農家へのインターンシップを新たに導入し、DXに対応した農業人材の育成を図る。
 8立中学校における休日の部活動の地域移行を進めるため、県の移行方針等を検討する協議会を設置し、市町村に対しても地域における協議会開催経費を支援する。

4.安心・安全の確保
 〜迎用バスの安全装置や登園管理システム等の導入支援
 ∋匐,料迎に携わる全ての職員に対し、安全管理のための研修を実施し、県指針に基づく送迎安全マニュアルの実施を図る。
 Gタ8カ月前後の面談を実施するなど相談支援の充実を図るとともに、妊娠届出時及び出生届出時にそれぞれ5万円相当の出産・育児支援金等を支給。
 だ験菠〇禹餠發瞭知秣濾佞鮗擇蠎けた方の償還猶予相談や生活再建支援に対応するため、自立相談支援事務所の相談支援員を増員
 ノ邊蕎λ‥の被害を防止し、霊感商法被害の事例や悪質商法の相談窓口を周知。
 Ε泪ぅ淵鵐弌璽ード取得を促進するため、大型商業施設や企業等において、出張申請サポートを実施し、県内すべての未取得者に対する申請手続きを支援。
 Р論遒硫修工事や土石流が発生した箇所への砂防ダム等の設置など災害防止対策を集中的に実施。
 ╋杁淪∩道路や河川の護岸の整備、港湾の老朽化対策のほか、ため池等の安全対策。
 盛土等による災害の発生を防止するため、規制区域の指定に向けた基礎調査を開始する。



初心忘るべからず

過去のリーフレットに掲げている政策ややポスターのキャッチコピーなどを読み返しながら、来春の県議選でどのような政策を掲げ取り組んでいくのか、それをワンフレーズで訴える言葉は何かを考えています。もう16年前になりますが、初めて県議選に挑んだ時(2007年)のリーフレットには、企業で取り組んできたこと、自分が大事にしなければならないと思っていること、将来の田川のあるべき姿をイメージした想いをそのまま政策として掲げました。
その中で「自分が大事にしなければならないと思っていること」は、結婚した時に父から「育子さんの仕事を辞めさせることはならんぞ!」と言われたことです。「昔の家は大黒柱が家を支えていたが、今の家は一つひとつの柱で支えて建っている。家族みんなで力を合わせて支えていくように」とも言われました。選挙に出るときには、父はこの世にいませんでしたが、その言葉はずっと心の中に残っていました。政策の中にある”男女共同参画社会”や”仕事と家庭の両立”次世代を担う人材育成”は、自分自身を言い聞かせる意味でもありましたし、あの世から見ている父への報告でもありました。政策は掲げるだけではなく、やはり実践力だと思います。まずは自分自身が実践しなければ説得力がありません。きれいごとばかりじゃダメですが、やはり政治は政策であり、実践力なんだと議員になって改めて感じているところです。
お陰様で妻も来年は還暦を迎え、職を全うすることになると思います。仕事と家庭を両立し、4人の子供たちを育て、夫は仕事を辞めて選挙に出ることになり、本当に立派だと思います。両家の両親もきっと同じ気持ちで見守ってくれていると思います。

rifuretto2011a

rifuretto2007a

rifuretto2007b



すでに師走のように

師走(しわす、しはす)の由来・語源には諸説あるが、師匠である僧侶が、お経をあげるために東西を馳せる月という意味の「師馳す(しはす)」だというものが最も有力とされている。
12月1日から県議会は12月定例会県議会の予定で、補正予算を含む29議案が提出されるようになっている。本会議・常任委員会をはじめ、議員総会・政策審議会が断続的に開かれ、また様々な議連の役員会などが開催されてくる。
また、来春の統一地方選挙に向けての取り組みもあり、慌ただしくなってきている。選挙準備はやらなければならないことが山のように多く、いつの時期までに何をしなければならないのか、とにかく早め早めが大事。すでに師走のようなように気忙しくなってきている。
これまでの選挙と大きく違うことは、知事選挙がないということ。投票率低下等、これがどのように影響していくるのかはわからない。また、これまで選挙前の2月定例会は、暫定予算が組まれ、本格的な予算は選挙後に予算特別委員会が設置されていたが、知事選挙がない来年2月定例会は、通常通りの予算特別委員会が設置されることになり会期も長くなる。これもまた、どのように影響を及ぼすのか。
いづれにしても、前回選挙で与えられた任期の中で、その役割と責任を全うして、信を問うて頂きたいと思っている。

chijisen2021g02

hattori001



初当選時の叔父の親族挨拶

11月10日は父の命日でした。享年66歳でした。来年は25回忌ですから、本当に時の経つのは早いものです。豊前に釣りに行って、JR日豊線の電線から釣り竿を通して感電しました。毎年事故現場にお参りに行っていましたが、母が5年前に亡くなってからは、もう行かないようにしました。

人間の一生というのは、本当に何が起こるかわかりません。だんだん父の年齢に近づいてきて、もっともっと長く生きていてくれたらなぁと思います。
今日は支持者まわりをしながら、宮若市の叔父叔母を訪ねて行きました。選挙に限らずいろんな面で後ろ盾になってくれ、アポも入れずに今日会うことができたのも亡き父のおかげかな?よかったです。初当選時に親戚代表で挨拶してくれた動画がありました。

tanakajun

大学3年生時に田中六助先生との写真です↓

tanakarokusuke



田川地区暴力団等追放総決起大会(令和4年11月11日)

boutui2022b

11月11日14時より「田川地区暴力団等追放総決起大会」が開催され、暴力追放のために多くの皆さんが結集されました。
県警察による暴力団対策の進展と地元住民の方々を中心に関係機関と一致団結した取り組みにより、暴力団壊滅に向けた機運がかってないほど高まっています。日頃から暴力団追放に熱心に取り組まれているご尽力に深く敬意し、厚く感謝申し上げます。
本日は多くの来賓の皆さんを代表してご挨拶をさせて頂きました。
社会の敵である暴力団を排除していくためには、県警察の強力な取り締まりはもちろん、福岡県暴力追放運動推進センターを中心に、行政機関、企業、そして県民の皆様が一致団結し、県下全域における暴力団排除活動を推進していくことが重要であります。
県では、本県からの暴力団の排除を一層推進するため、「福岡県暴力団排除条例」を制定し、必要に応じて、改正を行っていますが、このことにより、より一層、社会全体における暴力団排除活動が展開され、暴力団の弱体化に繋がることを期待しております。
県議会としても、今後も、常に暴力団排除を念頭におき、あらゆる機会を通じて暴力団の凶悪性、反社会性を県民の皆様に訴えていくとともに、暴力団の脅威にさらされている県民の皆様、並びに暴力団排除の前面に立つ福岡県暴力追放運動推進センターをバックアップするため各種支援に全力で取り組んでまいります。

県議会といたしましても、今後も、常に暴力団排除を念頭におき、あらゆる機会を通じて暴力団の凶悪性、反社会性を県民の皆様に訴えていくとともに、暴力団の脅威にさらされている県民の皆様、並びに暴力団排除の前面に立つ福岡県暴力追放運動推進センターをバックアップするため各種支援に全力で取り組んでまいる所存であります。

また、福岡県警察音楽隊による演奏と、福岡県警察本部暴力団対策部長と福岡県b常緑追放運動推進センター専務理事の講演がありました。

boutui2022a

boutui2022c

boutui2022d

boutui2022e

boutui2022g

boutui2022h

boutui2022i

boutui2022j

boutui2022k



第11回日中交流水墨画公募展表彰式

令和4年11月5日、雪舟ゆかりの福岡県川崎町で、「第11回日中交流水墨画公募展表彰式」が行われ来賓出席してきました。北は岩手県から南は鹿児島県までの全国27都府県から134点に及ぶ応募があったということでした。公募展は2年毎に行われていましたが、令和元年度に第10回が開催されてから、コロナにより1年延期しての開催でありました。その間、様々な社会活動が制限される中で、水墨画愛好家も大変ご苦労されてきたとの事です。
来賓祝辞をさせて頂き、その中で、偉大な先達である画聖"雪舟"が築庭した国指定名勝「藤江氏魚楽園」がある川崎町において開催されることは、大変意義あることだと申し上げました。生の水墨画や古典的文化に触れることで、子どもたちにとっても感性を高め、青少年の健全育成にも繋がると思います。関係者の皆さんのご尽力に心から敬意を表し、感謝申し上げます。
福岡県は、1992年に江蘇省と友好提携を締結し、議会同士の相互訪問等、様々な分野で交流を深めてきました。今後も県議会として、福岡県日中友好議員連盟を中心に両地域の交流を一層充実させていかなければならないと考えます。
栄えある表彰を受けられた皆様方に対しましては、心からお祝い申し上げます。日中交流水墨画公募展がさらに発展し、関係者の皆様のご活躍とご健勝を祈念申し上げます。

suibokuga2022b

suibokuga2022a

suibokuga2022d

suibokuga2022c



線路と道路両用〜感動したDMV(デュアル・モード・ビークル)

shikoku202210b

shikoku202210b

令和4年10月9日、四国の東南部、阿波海南〜甲浦を結ぶ第三セクターの阿佐海岸鉄道に行ってきた。令和3年12月25日に線路と道路両用の乗り物「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の世界初となる営業運行が「阿佐海岸鉄道」で始まっている。「DMV」は、列車が走る線路と道路の両方を走行できるよう、開発された車両のことで、徳島県の美波町「阿波海南駅」から高知県東洋町「甲浦(かんのうら)駅」まで鉄道として運行し、終着駅「甲浦駅」で車両をバスに切り替え、スロープを降りて道路を走る。バスとなったDMVは「海の駅 東洋町」を経由し、土・日・祝は、室戸岬まで駆け抜けるという。「甲浦駅」に到着したら、ちょうどバスとして走ってきたDMVが、「阿波海南駅」へと列車に切り替えられて発車。
驚きと同時に感動した!
既にJR日田彦山線がBRTと決まっていたし、その後、この「阿佐海岸鉄道」を知ったので、もう少し早く知っていたら、もっと調査していたら、もしかするとレール軌道を撤去せずにDMVが考えられていたかもしれない。後の祭りと思いつつ、やはり自分の目で見ることが大事だと思い見てきたが本当に素晴らしいの一言に尽きる。
「阿佐海岸鉄道」は、徳島県、高知県や沿線自治体などが出資する第三セクターとして1988年に開業。92年には年間利用者18万人にのぼっていたが、沿線の過疎・高齢化により近年は5万人前後に低迷。そんな窮地に立たされたローカル鉄道を維持するために注目したのが「DMV」の導入だったという。
DMVなら、車両の開発、線路の設備、インフラ整備などコストをかけず走らせることができる。一見、ボンネットバスのようなデザインで、今の時代に相応しいハイブリッド列車。ただし定員が23名(運転手1名含む)で、輸送能力は大幅に低いが、過疎地域ならではの利用客が少ない、地元観光スポットに乗り換えなしで直接アクセスできるといったメリットもあると思う。鉄道の歴史を大きく変える列車バスだと感じた。

ついでに、「HERO特別編」や「男はつらいよ」等の映画、CMロケ地として知られている、JR予讃線下灘駅にも立ち寄ってきた。 shikoku202210a



議員定数並びに選挙区割りが可決

令和2年の国勢調査人口及び公職選挙法第15条各項の規定等を踏まえ、様々な観点から検討してきました条例の一部を改正する条例の制定が9月29日に可決されました。
来春の県議選より
・「うきは市」選挙区(現定数1)を「久留米市」選挙区(現定数5)に合区し、新定数5(1減)とする。
・「北九州市八幡西区」(現定数4)を新定数3(1減)にする。
・「小郡市・三井郡」(現定数1)を新定数2(1増)にする。
・「大宰府市」(現定数1)を新定数2(1増)にする。
選挙区数は45から44となり、県全体の議員定数は87を維持することとなりました。

公職選挙法は、選挙区の人口が県全体の人口を県議会の総定数で割った数の半分以上となるような区割りとすることを定めています。「うきは市」は、2020年の国勢調査でこの条件を満たさず、久留米市と合区になりました。また、定数4の北九州市八幡西区より人口の多い定数3の博多区では、八幡西区を1減することで逆転現象を解消し、逆に定数2の田川郡より人口が多くなった小郡市・三井郡と大宰府市のいずれも定数1を1増することで逆転現象を解消することになりました。

実は条例案は6月定例会から検討されていて、以下のような基本方針でした。
・総定数は極力増やさない。
・較差は最大2.5倍以下を目標とする。
・過疎地域へ配慮する。(具体的には北九州市若松区、八女市・八女郡、朝倉市・朝倉郡、田川郡の4選挙区)
・逆転現象は解消する。

teisuu-kuwari2022



還暦を迎えて

kanreki001

令和4年(2022年)9月20日、満60歳の還暦となった。今年の還暦を迎える壬(みずのえ)寅(とら)年の人口は、総務省統計局によると令和4年1月1日現在、約153万で、総人口に占める割合は14.9%となっている。
この還暦は、長寿のお祝いの始まりと言われ、日本特有の風習で、奈良時代から始まったと言われる。長寿のお祝いである還暦ではあるが、今の時代、まだまだ第一線の現役として働くのが一般的になってきた。しかも子供たちも独り立ちしてきているから、多少の体力の衰えを感じつつも、精神的にも時間的にも少しは余裕が出来てきて、定年退職を迎えた昔のようなイメージはないと感じる。
SNSのおかげで、たくさんの方から誕生日メッセージを頂き、また9月20日を前後して家族からもお祝いしてもらい、大変有り難い還暦を迎えることができた。

還暦旅行に温泉に行こうと随分前から予約を入れておいたらしく、18年ぶりに法華院温泉に行くことができた。末っ子の誉行が今年で20歳となるが、まだ2歳の時に背負子に乗せて登ったのが十五夜お月さんがきれいに見えた9月15日だったが、今回、初孫(2歳)も一緒に登り、懐かしくもあり、かつ時の流れを感じ、何とも不思議な気持ちになった。
妻からは「また一歩から始まるね」と、まだまだこれから気力・体力をつけないといけないとハッパをかけられているようだった。娘婿にも、お金じゃかえない絶景を見せたり、経験をさせてやることが、子育てにどんなに大切な事なのか、わかってもらえたようで本当に良い経験になっていると思う。
到着後、驚いたことに還暦祝いのケーキを買ってきていて、お祝いをしてもらったら、周りの大勢の登山客の皆さんからも「おめでとう!」と声をかけられ、恥ずかしいやら嬉しいやら、思い出の還暦旅行となった。そして、一歩一歩汗をかきながら自分の足で登り、努力した者しか入れない温泉で心身ともに気持ち良い時間を過ごすことができた。

kanreki002

kanreki003

kanreki004

kanreki005

kanreki006

kanreki007

また緑友会福岡県議団の皆さんからもお祝いして頂き、子どもたちからは生まれてから10年毎の9月20日新聞のプレゼントをもらった。ありがたや、ありがたや。感謝しなければ!

kanreki010

kanreki011

kanreki012



コロナ後を見据えた動き

先月8月26日より3日間、タイフェスティバル2022サヌックナイトin福岡に参加出席してきた。(旧福岡県公会堂貴賓館)
3年ぶりの開催ということで、とても多くの人が集まなっていた。来賓として服部知事の代理で江口副知事、桐明県議会議長の代理で仁戸田副議長、そして福岡県議会タイ友好議連役員の皆さんが出席した。
折りしも、タイエアアジア(LCC)による福岡ーバンコク線の新規就航(予定)が、令和4年10月12日 (水)から、新たに就航する。福岡ータイ(バンコク) 線就航の概要については以下のようになっている。

〇開始予定日(福岡発着) 令和4年10月12日(水)
○路線便数福岡ータイ(バンコク線) 週3往復(水・金・日)
○使用機材 A321neo (236席)
○フライトスケジュール(日本との時差-2時間)
福岡(9:50発)⇒バンコク (13:15着)
バンコク (1:20発) ⇒福岡 (8:50着)
※上記開始予定日等、詳細については、CIQ(検疫)との調整が完了していないため、変更の可能性あり。
参考までに現在、福岡空港におけるタイ路線の状況(令和4年8月現在)は、タイベトジェットエア福岡ーバンコク線 就航便数 週3往復(月、水、土)となっています。

様々な業界や分野で、少しずつコロナ後を見据えた動きが活性化してきている。

tai-fas001

tai-fas002

tai-fas003



添田町長・町議会議員選挙(令和4年7月12日告示日)

7月12日、添田町長・添田町議会議員選挙(17日投開票日)が告示された。前日の11日午後から議会の議員総会、当日の12日は県文教委員会管内視察だったため、11日の前日の午前中、町長候補予定者(4名)、町議会議員候補予定者(うわさのある方も含めて12名)の事務所や自宅を激励にまわる。何人か不在されていたが、候補予定者本人とほぼお会いできて話ができた。
12日の文教委員会管内視察終了後に急ぎ添田町へ。添田町議会議員選挙は定員11で11名の届け出となり、無投票当選となった。直ぐに全部の選対事務所に駆けつけ、お祝いを申し上げてきた。
添田町長選挙は4人の立候補届けとなり激戦が予想されている。17日が投開票日。

soeda-senkyo2022b



気がつけば7月に!(参議院議員通常選挙7月10日投開票)

6月定例会が21日に閉会し、直後の22日に参議院議員通常選挙の公示日であった。投開票日は7月10日となり18日間の長丁場の選挙戦である。ブログが更新できず、facebookの選挙がらみの投稿を備忘録としてアップしておく。

6月7日20時16分投稿
だんだんコロナ前に戻りつつあるんでしょうか?
今日も博多駅近くでの懇親会でした。議会中はいろんな行事が組まれて博多泊が多くなるんですが、今定例会中はコロナ前のように博多泊が多くなりそうです。
今日は、午前中は政策審議会、午後からは参議院議員選挙(大家敏志先生)の選対会議がありました。
博多駅構内には「麻生150周年」の電子掲示板がずっと流れていました。凄いなぁーと思いながら、いい気分で長男の宿舎に向かいます^_^

facebook-sangi001

6月13日18時00分投稿
こんにちは。本日より県議会は一般質問に入りました。
昨日の日曜日は、朝一番で北九州地区の参議院議員大家敏志選対会議がありました。県議会の6月定例会は21日までですが、22日には参議院議員通常選挙公示日ですから慌ただしくなってきます。
長女夫婦の新居も7月上旬に入居という事で、家族総出で引っ越しの手伝いです。昨日、見に行きましたが、とても嬉しく、大したもんだと思いました。孫は寝ていて、ちょっと残念^^; でも可愛かった

facebook-sangi002

6月13日18時05分投稿
財務副大臣の参議院議員大家敏志先生のリーフレットを持参したり郵送でお届けしています。よろしくお願いします。
参議院議員通常選挙6月22日公示、7月10日投開票。

facebook-sangi003

6月16日18時01分投稿
今日は真夏日だったんでしょうか?外に出ると汗がジワっと出て来ました。県議会は常任委員会が開催され、代表者会議、議会運営委員会、条例検討委員会、議員総会に政策審議会がありました。
国会も閉会し、街では公営掲示板も設置され、一気に選挙モードになって来ました。
先日から参議院議員の大家敏志先生のリーフレットをお届けしていたところ、有り難い事に多くの方より連絡を頂きました。ありがとうございます。
大家敏志先生とはいろんなご縁で繋がっていまして、本当に縁って言うのは不思議だなぁと感じます。立候補予定者は16人という事ですが、是非皆さんのご支援をよろしくお願いします。
写真は私の県政報告に駆けつけて頂いた時の写真です。

facebook-sangi004

6月19日16時37分投稿
おはようございます。今日もムンムンした蒸し暑い天気です。
今朝は8時から大家敏志選対の北九州事務所の朝礼当番でした。小倉までの時間が読めなかったのですが、自宅から45分しかかからず、かなり早く到着しました。(すみません。再アップですm(._.)m)

facebook-sangi005

6月22日18時07分投稿
いよいよ参議院議員通常選挙が本日公示されました。7月10日が投開票日です。
大家敏志候補の出陣式2カ所の応援に行きました。10時の福岡地区の出陣式は警固公園でした。北九州地区は14時からで勝山公園で行われました。どちらも、大変多くの皆さんが参集されていました。
皆さん、よろしくお願いします。

facebook-sangi006

facebook-sangi007

6月23日19時39分投稿
参議院議員候補の大家敏志北九州地区選対から、明日(6月24日)16時半より小倉駅セントシティー前にて、元総理の安倍晋三先生の街頭演説会の連絡がありました。

facebook-sangi008

6月24日15時59分投稿
16時半から、小倉駅前ではじまります大家敏志街頭演説に早めに着きました。安倍晋三元総理も応援に駆けつけられますが、地元市議や県議がそれまで間、演説しています。マスコミの#65532テレビカメラも入っています。

facebook-sangi009

6月25日9時51分投稿
大家敏志候補の本日の街頭演説の連絡が来ました。6月25日午後6時半より博多駅前(博多口)で、財務・金融担当大臣の鈴木俊一先生の応援演説が行われます。
今後、別日程でも小泉進次郎先生、萩生田光一先生、河野太郎先生と続々福岡入りされる予定です。

facebook-sangi010

6月27日6時30分投稿
おはようございます。早朝、風も穏やかで、約1時間、少し汗ばむ散歩をしていました。岩石山にかかる朝焼けがきれいでした。
今日は大家敏志選対(北九州地区)事務所の朝礼当番で今から自宅を出ます。
夕方よりの街頭演説で、小泉進次郎先生が応援に駆けつけられます。黒崎駅17時、小倉駅18時です。よろしくお願いします。

facebook-sangi011

6月29日17時52分投稿
本当に6月なんでしょうか?8月の真夏のような茹だる暑さです。
今日もあちこち地域を回って、途中、車のクーラーガスを入れました。これで当分、車中の暑さはしのげます。でも配管からガスが抜けているとの事なので、また修理代がかかってしまいます。
今日は、地元からの要望や調査、個人的な相談などを受けながら、帰宅してちょっと時間を見つけては大家敏志候補への投票のお願いに電話をしていました。

facebook-sangi012

6月30日13時39分投稿
7月12日が添田町長・町議会議員選挙の告示日です。県議会の常任委員会は文教委員会に所属していまして、ちょうどこの日は管内視察と重なっています。会派の視察も計画されていますが、常任委員会が最優先です。ご理解の程よろしくお願いします。

facebook-sangi013

6月30日16時53分投稿
先程、大家敏志緊急選対会議(北九州地区)がありました。後半戦に向けた取り組み等についてです。緊張感をもって取り組まねば!
最後まで皆さんよろしくお願いします。

facebook-sangi014

7月1日12時26分投稿
午前中、添田町長・町議会議員選挙(7月17日投開票日)の候補予定者の自宅や事務所に、参議院議員松山政司先生、参議院議員大家敏志先生の為書きを持参してきました。
参議院議員選挙の真っ最中ということで、秘書の方からお願いされ、昨日の選対会議に合わせて為書きを受け取っていました。
朝一番、英彦山から一筆書きのように回りましたが、やはり地の利ですね。ちなみに自分の為書きは随分前にお渡ししています^_^

facebook-sangi015

7月6日9時35分投稿
参議院議員選挙も残すところあと4日となりました。本日も大家敏志選対事務所(北九州地区)の朝礼当番で8時より神棚に拝礼、挨拶をさせて頂きました。どこの陣営も必死で頑張っています。気を引き締めて頑張ります。

facebook-sangin023

7月8日7時36分投稿
大家敏志選対で朝の辻立ちです。道の駅香春の交差点です。

facebook-sangin016

7月9日14時29分
昨日の安倍晋三元総理大臣の訃報に愕然となり、意気消沈しています。6月24日に大家敏志候補の応援に小倉で街頭演説をされ、間近で見ていましたから、本当に信じられません。
本日9日は選挙最終日です。本部日程で午前8時から10時半まで田川に遊説車と候補者本人が入るという事で遊説(9ヶ所)#65532を担当していました。
最終日に田川に入るという事には、いろんな意味が込められているんだと思います。意気消沈してはいけない。とにかく今は、最後の最後まで、お一人おひとりに支持を訴えるしかありません。どうぞよろしくお願いします。

facebook-sangin017

facebook-sangin018

facebook-sangin019

facebook-sangin020

facebook-sangin021

facebook-sangin022

7月10日20時3分投稿
20時に当確が出ました。大変お世話になりました。ありがとうございます。

facebook-sangin025

facebook-sangin026



麻生グループ百五十周年事業 祝宴

【麻生グループ百五十周年事業 祝宴】

6月1日は麻生の創立記念日ですが、令和4年6月1日、麻生グループ創業150周年が西鉄グランドホテルで開催されました。
麻生太郎先生、麻生泰会長、麻生巌社長、麻生将豊社長をはじめ、麻生グループの先輩・同僚・後輩の皆さんにお会いでき、また昔からの関係者の方々ともお話しが出来ました。
麻生太郎先生、麻生泰会長から育てて頂いたご恩は生涯忘れることはありません。どうすればそのご恩に報いることができるのか?それは、これまで培ったきた経験や人脈・理念や教えを、しっかり地域社会に貢献していくしかないのではないかと考えています。そして、麻生家と麻生グループのために少しでもお役に立ちたいと心から思っています。本当に麻生に身を置いていて幸せで、感謝してもしきりません。
夫婦で天塩にかけて育てた4人の子どもたちの1人が麻生に入社できた事は、親として、また麻生グループの一人として、こんなに嬉しい事はありませんでした。きっと将来、麻生の理念や創業訓、ビジョン・ミッションを踏まえ、時代の変化に対応できる人材へと成長し、地域社会に貢献できるものと思います。
150周年に立ち会えて、とても嬉しく、とても幸せな気持ちになりました。

aso150a

aso150b

aso150c

aso150d

aso150e

aso150f

aso150g



英彦山神宮で山伏×ネイティブアメリカン

英彦山山伏×ネイティブアメリカンとの国際民族文化交流イベントの第一歩が始まった。
前からご紹介しているIY-global社がプロデューサーされ、10月22日英彦山神宮及び添田町で交流イベントの紹介ということで、福岡県知事の表敬訪問と実際に英彦山神宮で、ネイティブアメリカンの心臓の鼓動とも言われる聖なるPow-wowドラム作りを英彦山の霊水を使って行った。
IY-globalの吉松育美さんとマットタイラーさんから話を伺うと、ネイティブアメリカンの神聖な動物バッファローの皮を特別許可を得て持ってきてもらっているとの事。そのバッファローの革を英彦山の霊水につけて10月のメインイベントに向けて2つの魂を融合する儀式を今回行った。
和太鼓は内閣総理大臣受賞や全国大会優勝の”和太鼓たぎり”が演奏。

県知事表敬訪問では、ネイティブアメリカのナバホ族のLoweryさんとアパチ族のTonyさんが、知事室で素晴らしい歓迎のパフォーマンスをしてくれた。服部知事も、異文化の相互理解の促進につなげてほしい」 と期待感を示してくれた。尚、アメリカ大使館もカナダ大使館も後援についてくれて応援してもらってる。

nei-amerika0

nei-amerika1

nei-amerika2



福岡県立大学入学式(令和4年4月4日)

令和4年4月4日、福岡県立大学・大学院入学式が挙行された。来賓出席は3年ぶりで、コロナ禍で入学式も、それぞれの学部の新入生の代表だけが講堂に集まり、それぞれの教室でのリモート入学式だった。今年は大学生262名、大学院生20名ということで、新型コロナウイルスに加えて政界情勢もロシアによるウクライナ侵攻で、不透明で先の見通しがわからない時代となっている。だからこそ、若い人たちには自分の将来を見据えながら、今何を為すべきなのかを考えて大学生活を送ってほしいと思う。大学生にはたっぷりと時間があるから、決して無駄に過ごすことのないよう・・・ご入学おめでとうございます。

kendai2022a

kendai2022b

kendai2022c

kendai2022d



節目の式典、休校式そして卒業式

令和4年3月、大学4年間の学士課程を修了し、次男(陽行)が卒業式を迎えた。あっという間の4年間だったと思うが、未経験の体操部に入部し主将を務めたり、学部の看板ゼミに入室したり、きっと本人にとっては中身の濃い充実した学生生活だったんだと思う。4月からは新社会人として、社会への一歩を踏み出すことになるが、企業のビジョンやミッションをしっかり体得しながら、自分の夢や希望、役割・責務を見出してほしい。若いということは何にでもチャンレンジできるし、変革の時代にあって間違いなく大きな可能性を秘めている。頑張れ!全力で応援しエールを送っていこうと思う。

sotugyou202203b

妻も添田町立津野小学校の歴代最後の校長としての役割を担い、責任を果たしていた。昨年は香春町立採銅所小学校の閉校式で、2年連続の閉校式、休校式に責任者として携わった。本当にご苦労様。両学校とも149年という歴史と伝統のなる学校で、関係者の皆さんはもとより、地域の皆さんにとっては母校がなくなるのを複雑な思いで見守っていたんだと思う。今後はどのように地域社会を維持し守っているのか、地方行政に課せられた課題はあまりにも大きい。来年度からはまた新たな学校に赴任することになるが、新たな気持ちで頑張ってほしい。教職員としての人生を全うしている妻に本当に頭が下がる。

sotugyou202203a

 



人生の半分を一緒に過ごす

令和4年2月27日、29回目の結婚記念日となる。平成5年に30歳で結婚し、妻は29歳だったが、人生の半分を一緒に過ごしたことになる。昔、妻が「姓が変わって嬉しかった」と話していた。その心境はわからなかったが、その時「それは、よかったね〜」と言ったことを覚えている。あれから実に様々な出来事、笑いと涙、楽しいこと辛かったことが次から次へとやってきた。29年前に戻り、今に至るまでのことを当時の自分に伝えたら、きっと信じてもらえるはずもなく・・・もっとこうした方がいいぞ、もっと冷静に考えろ、もう少し相手のことを思いやれ、もう二度と会うことができないぞ・・・

長女家族が遊びに来て、せっかくなので浮羽稲荷神社と道の駅うきはに連れて行く。孫は本当にかわいい。孫とただただ一緒にいるだけで楽しくなり幸せな気持ちになる。長女たちは結婚記念日ということも知るはずもなく、でも遊びに来てくれたおかげで、良い結婚記念日となった。

20220227a

20220227b

20220227c



法光寺だより〜”つもり”

昔先輩から「己知らずと、恩知らずほど悲しいことはない」と教えられました。今回は己について考えていきます。「自分のことは、自分が一番知っている」と言う声が聞こえてきそうですが、はたして自分自身に出会っているのでしょうか。知っているつもりになっているだけではないでしょうか。
自分の顔を見たことがありますか?「鏡を見ればわかる」と返ってきそうですが、自分の根性の現われた顔はどんな時の顔でしょうか。喧嘩している時の顔です。相手が憎たらしい顔でポンポン文句を言ってくるでしょう。こちらも同じような顔で文句を言っているはずです。でもそのような顔は見るすべがないですよね。ほら、自分の顔さえ知らないじゃないですか。しかし、容易に想像できますね。 ところが「自分はあんな顔はしません、何時もにこやかです。」と自分のことを知ったつもりになっているのです。この「つもり」が怖いのです。「ひょっとしたら」と小さな「?」が着けば、聞きます、尋ねます、求めますからね。ところが、「つもり」のままだと聞きもしなければ尋ねもしません。

seppou2

この頃高速道路を逆走している車の影像をテレビで見かけますね。あの逆送している車の運転手は、逆送していると思っているでしょうか。いいえ、「ひょつとしたら」と小さな「?」でも着けば、ブレーキをかけるはずです。あのスピードで走っているということは、逆送しているなんて思ってもいない証拠です。 同じように、自分の事を知っているつもりで生きているのではないでしょうか。 怖いですね。 ある男が、テレビを見ていると高速道路を逆走している車の影像が映っていました。「そういえば、おやじが今日、高速道路を走っているはずだ。注意してやろう。」と、車に電話をかけます。「おやじ今、高速道路を逆走している車が一台あるぞ、注意しろよ。」
それに対して父親は、「こっちは一台どこじゃないぞ、何十台も逆走してくるぞ。」逆走していたのは父親の車だったと言う笑い話があります。けど、笑ってられますか、日頃の生活でこれをやってませんか「何時も自分は正しい。間違っているのは、相手。」時には自分が逆走していることもあるはずですよね。

seppou1

つぎに、物事を計量するためには、基準になる物差しが必要です。私達は、正しい物差しで物事を計量しているでしょうか。

くまのプーさんというアニメがあります。そのくまのプーさんの友達にルーというカンガルーの子供がいます。そのルーが背丈を測るのに印を着けます。しばらくして又、印を着けたら背が縮んでいたのです。何度計っても縮んでいくのです。ルーは悩みます。「僕はこのまま小さくなって消えてなくなるんじゃないか。」と。そして、プーさん達に相談します。プーさん達がルーが印を着けたところを探て、見つけました。ルーが背丈を測るのに印を着けたのは、ひまわりの茎だったのです。ルーの背が縮んだのではなく、ひまわりの茎が伸びただけだったんです。かわいらしい話ですが笑ってられますか。私達も変化するもの、うつろいゆくもので物事を計っていませんか。



令和4年2月定例会に向けて政策審議会(1月28日)

久留米市長選挙が終わり、緑友会福岡県議団の議員総会と2月定例会代表質問に向けた政策審議会が行われた。また新型コロナウイルス(オミクロン株)感染拡大に伴う勉強会を県担当課長を交えて質疑応答・意見交換を行う。

ryokuyu202201a

ryokuyu202201b

ryokuyu202201c

ryokuyu202201d

ryokuyu202201e



新年行事も復活しつつ・・・一方で感染拡大も

令和4年に入り、昨年中止だった新年行事も徐々に復活し、豊前川崎商工会議所新春祝賀会、川崎町消防出初式、添田町成人式に来賓出席してきた。新型コロナウイルス感染対策もしっかりとりながらの開催に、本当に良かったなぁと思う。ただ、1月に入り一気に感染拡大となってきて確実に第6波が来ているのは間違いない。福岡県も3日連続200人越えの陽性者が発表され、予断を許さない状況に入りつつある。催された式典の来賓あいさつで、いずれも新型コロナウイルスという生物災害の話もさせてもらったが、自然災害でも生物災害でも、人間の力ではどうすることもできないが、それぞれの地域、それぞれの家庭が、しっかりした備えをしておくことで、災害は最小限に食い止めることができ、それが減災に繋がる。これからも家庭と地域、行政が理解し、協力しながら、一体となった取り組みが何よりも大切だということを申し上げた。月末には田川青年会議所新春祝賀会が開催されるが、Youtube配信されるとのことで録画を撮りに来られた。開催されるように祈念している。

2020shoukoukaigisho

2020shouzoudezome

2020seijin

2020seinenkaigisho1



謹賀新年(令和4年元旦)

令和4年元旦

あけましておめでとうございます。お健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年末には新型コロナウイルスも減少傾向が続いていましたが、未だ収束の兆しは見えません。何が起こるかわからない世の中ですが、希望を持ち続け、何としてもこの困難を乗り越えていきましょう!
今年のお正月も子供たちが帰省して、家族全員揃って迎えることができました。本当に感謝しなければならないと思っています。
昨年末には全国都道府県議長会より県議会議員10年表彰を頂きました。これまで支えて頂きました皆様に御礼申し上げます。さらに期待に応えるように頑張って参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。。

nenga2022



Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS