神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2018/04/20 06:21
 HOME
HOME > 新着情報一覧

文教常任委員会管内視察(平成30年4月17日)

4月17日、新年度になって初めての文教常任委員会が開催された。執行部の新体制や県立学校の働き方改革取組指針や総合実施計画などの審議。午後からは、管内視察があり、6月3日にオープンする"久留米アリーナ"。この施設は福岡県と久留米市の共同で建設したもので、メーンアリーナ(バスケットコート3面分・観客席3,000席)、サブアリーナ(武道場バスケット1面分)、武道場(畳敷きは柔道4面分、板張りは剣道4面分)、弓道場(全国で2ヶ所しかない遠的・近的が可能となる可動式の的場・12人立ち)、トレーニング室などを備えた総合体育館。各競技の大規模大会が開催可能な基準で整備している。まずメインアリーナは競技面積が64m×40mと十分な広さがあり、サブアリーナも併設しています。武道場は、畳敷きと板張りの武道場をそれぞれ約1, 000mの広さがあります。トレーニング室は、300岼幣紊離好據璽垢忘膿卦ヾ錣鯒枌屬掘▲侫蝓璽ΕДぅ箸離肇譟璽縫鵐阿可能な施設。付帯施設も充実しており、ロッカールーム、シャワーをはじめミーテイングルーム、医務室、マッサージルームなどを備えており、快適な事前キャンプを行うことができ、素晴らし充実した施設となっている。


その他県政報告はこちらから>>

朝倉市長選挙(林裕二市長候補)も終盤戦

4月15日投開票日の朝倉市長選挙。残すところ2日間となり、選挙も終盤戦となっている。3月9日に出馬を決意され、それこそ短期決戦で、「朝倉を取り戻す」、その信念でこの一ヵ月間訴えてきている。緑友会福岡県議団として、一人ひとりの県議が、これまで林裕二先生から育てて頂いた恩返しを少しでもお返しできたらという想い、そして、九州豪雨災害で甚大な被害に見舞われた被災地域の復旧・復興のスピードを加速させ、精度高めていこうという想いで、林裕二市長候補を応援している。ただ県議としての地元での活動も、それぞれあるから、全員揃って行動することはできないが、気持ちを一つにして活動している。
遊説車からの連呼と訴え、街頭演説や個人演説会では、有権者が熱心に演説を聞かれている。地元の住民、そして市と県と国が一体となって、これまで最大の集中豪雨後の復興を誰に託すことがベストなのか、有権者に訴え続けている。

 出陣式 林裕二 市長候補

 栗原渉(県議) 選対本部長

 松山政司 一億総活躍担当大臣

 原田義昭 衆議院議員

 樋口明 福岡県議会議長

 吉村敏男 民進党福岡県総支部連合会 会長

 個人演説会

 街頭演説

 農政連個人演説会

 太田誠一 元国務大臣を迎えて


その他平成30年活動報告はこちらから>>

朝倉市長選挙に林裕二県議が出馬

緑友会福岡県議団会長の林裕二県議(朝倉市郡選出)が、急遽出馬することが決まりました。4月15日投開票日の朝倉市長選挙。現職の森田俊介市長の体調不良により、後を託され、市議会議員の皆さんからの要請で、市長選挙出馬を3月9日に決断されました。そのような状況の中で、林裕二先生の総決起大会が、本日4月3日に開催され、約1,100席の会場は溢れるような人数でした。来賓席には、小川洋福岡県知事、藏内勇夫自民党福岡県支部連合会会長、原口剣生自民党福岡県議団会長、原竹岩海民進党・県政クラブ県議団幹事長、浜崎達也公明党福岡県本部幹事長をはじめ、市町村長や市議会議員の皆さんが応援に駆けつけらました。森田市長の奥さまもご挨拶され、無念ながら断念せざるを得なかった森田市長の心情を話され、林裕二先生への激励の言葉を涙ながらに訴えられました。

緑友会福岡県議団一同、一丸となって戦います。応援をよろしくお願いします。
朝倉市に知人友人のある方、シェア・拡散お願い致しますm(_ _)m
4/8告示、4/15投票日。
九州北部豪雨からの復旧・復興。
朝倉(ふるさと)を取り戻す!
朝倉はひとつ!One朝倉!

林裕二
元福岡県議会副議長
元福岡県議会農林水産常任委員長
福岡県議会警察常任委員
福岡県農政連委員長
全国農政連副会長
朝倉高校、九州大学
自民党、公明党、民進党、農政連推薦

2018.04.04.15:33

その他緑友会福岡県議団はこちらから>>

巣立ち3〜次男陽行大学へ

3月30日夕方から、名門大洋フェリーで陽行(あきゆき)の船出(引っ越し)。もしかすると、いやきっと、実家には帰ってこないかもしれない。大学進学と同時にそんな想いが頭をよぎる。これで、3人目の巣立ちとなる。うれしくもあり、ちょっと寂しくもあり・・・大学の入学式で隣に座っていた妻の目には涙が流れていた。

同志社大学の学長の式辞や総長の祝辞で、創設者の新島襄の建学の精神、「良心」と「自由」そして高尚な志の大切さを聞きながら、素晴らしい大学に入学して良かったと改めて思う。長男颯行も法学部4年で、学部・キャンパスが違うが、兄弟で同窓となって何とも不思議な気がする。自立した人間になるための第一歩になる大学生活を送ってほしい。多くの先生方から学問を通して高度な専門知識と、人間としての生き方や思想を学ぶ大切な4年間となるように。

帰りは、名門大洋フェリーが欠航となったため、阪九フェリーで帰路についた。既に就職した長女が学生時代に使っていた、冷蔵庫や洗濯機、テレビにレンジ等々があって、かなり助かったが、それでも一人暮らしはお金がかかる。僕らの時代は、体一つで上京し、自分のお金で時間をかけて揃えたが、今の時代の学生は本当に恵まれているなぁと思う。

2018.04.02 16:00


その他平成30年活動報告はこちらから>>

平成30年2月定例会も採決を残すのみとなり

予算を伴う長い定例会も28日で閉会予定となっている。会期中、代表質問・一般質問、また常任委員会や予算特別委員会も連続して行われ、加えて様々な議会行事、議連行事が行われている。福岡県議会議員提案条例検討委員会(委員)で検討を重ねてきた「福岡県犯罪被害者等支援条例」も本日(27日)、議長に答申し、明日の本会議に提出される予定となっている。その他、議連活動では、福岡県文化議連役員会や福岡県防衛議連講演会・防衛団体名刺交換会、福岡県の酒を愛する会、福岡県果樹振興議連役員会、福岡県スポーツ議連講演会、福岡県林活議連役員会、福岡県日米友好議連親善講演会・交流会、福岡県タイ友好議連親善意見交換会・元バンコク都議会福岡訪問団・・・等々、連日・連夜の議会活動・議員活動が続いた。

また、緑友会にとっても大変衝撃的な出来事もあり、会長の林裕二県議(朝倉市選出)が、4月15日投開票の朝倉市長選挙で、現職森田市長の体調不良による突然の出馬断念に伴い、地元の多くの皆さんからの期待で出馬することになり、本当に政治の世界は一寸先が闇ということを、目の当たりにすることになった。緑友会一丸となって、昨年7月の九州北部九州豪雨災害の復旧・復興のためにも、また朝倉市の振興・活性化のためにも選挙戦に頑張らねばならない。あっという間に今年も既に3ヵ月を過ぎようとしている。


その他平成30年活動報告はこちらから>>

Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS