神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/06/21 14:01
 HOME
HOME > 新着情報一覧

平成29年6月定例会一般質問(神崎聡)

平成29年6月月16日(金)、平成29年6月定例会一般質問は、「企業の働き方改革と結婚応援宣言及び少子化対策について」。質問全文はこちらから(PDF)です。

問 結婚応援宣言の目的について
○ 少子・高齢化や人口減少の進展は、経済活動はもとより、持続的な社会保障制度やコミュニティの維持などに大きな影響を与える。こうしたことから、その原因である未婚化・晩婚化に対する取組みとして、社会全体で結婚を応援する気運を高めることを目的に結婚応援宣言事業を実施している。子育て応援宣言を自ら宣言する企業のトップは、社会的な新しい課題に前向きに取り組む姿勢を持っている方が多いと考えられる。そして何より、既に、6千社を超える企業が登録されている。このことから、まずは、子育て応援宣言企業に結婚応援宣言を働きかけることが効果的であると考え、取組みを進めている。

問 結婚応援宣言についての企業や若者世代に対するニーズ調査について
○ 経団連では、国や地方の経営者協会に対して、「人口減少への対応は待ったなし」と題する提言を取りまとめ、「結婚を希望する未婚者」が求める政策を重点的に展開することを要望している。また、九州の経済界と九州・山口各県からなる九州地域戦略会議においても、人口減少社会の克服のため、安心して、結婚、出産、子育てができるような対策を講じることを国に提言しているところである。こうしたことから、経済界においては、出会いの場づくりや、結婚を応援する取組みが必要だと認識していると考え、県独自のニーズ調査は実施していない。また、若者世代に対するニーズ調査としては、県が平成25年度に実施した「県民意識調査」において、7割強の独身者が結婚の意向を示しており、多くの独身者が結婚したいと考えている。そのうち、約6割の方が独身でいる理由として、「適当な相手に巡り会わないから」を挙げている。

問 子育て応援宣言企業を結婚・子育て応援宣言企業に名称変更することについて
○ 子育て応援宣言、結婚応援宣言のいずれも、企業・団体のトップに宣言していただくことは同じであるが、宣言する主旨が異なっている。また、結婚は個人の価値観に関わることであるため、企業の受け止め方の違いもあり、結婚応援宣言に慎重な姿勢をとる企業もあることから、宣言については別々に行っていただくこととしている。

問 子育てしやすい居住環境の確保について
○ 県では、今年3月に策定した福岡県総合計画において、「子育てを応援する社会づくりの推進」を掲げ、子育て世帯が住宅にかかる負担を抑えながら、ライフスタイルにあった住生活を送れるよう、住宅の取得や改修を促進することとしている。このため、子育て世帯の住まいの確保に対し、経済的負担を軽減するための住宅支援に取り組んでいる。具体的には、子育て世帯が親との同居のため、床面積や部屋数が十分に確保された長期優良住宅を新築・購入する場合、その費用の一部を助成している。さらに、取得のための住宅ローンに対しても、県と協定を締結している県内28の金融機関が、金利の引き下げや融資手数料の割引を行っている。また、昨年度から、子育て世帯が既存住宅を購入する場合にも、同居や近居のためのバリアフリー改修や子育てしやすい間取り変更の工事等に対し、その費用の一部、最大で50万円を助成している。

問 乳幼児保育・教育の保障に係る地方独自の取組みについて
○ 乳幼児期の全ての子どもたちが、質の高い保育や教育を享受できることは、重要であると認識している。このため、県としては、私立幼稚園に対する運営費助成の中で県単独で補助額を上積みするとともに、入園料及び教材費の補助を行い、保護者の負担軽減を図っているところである。また、待機児童解消を図るため、独自に産休代替職員雇い上げ費用の助成を行い、保育士の確保に努めている。

問 義務教育を無償とすることを憲法に規定する意義と幼稚園・保育所の無償化に関する憲法改正について
○ すべての国民に対して教育を受ける機会均等の権利を保障するとともに、保護者に対し子どもに最低限度の普通教育を受けさせるため、義務教育の制度と無償の制度が、憲法に規定されているものと考える。幼稚園・保育所の無償化に関する立法論については、国会の場で議論していただく事柄だと考える。

再質問 幼稚園・保育所の無償化に関する憲法改正について
○ 先ほどの質問の中で、無償化を憲法に規定すべきか、法律で対処すべきかということについて、お尋ねがあったので、国会の場で、どういう法律論、憲法論でこれに対応するのか、十分御議論いただきたいというふうにお答えしたものである。私は、県民が全く考えなくてもいいとか、そういうことは一切、申し上げなかった。大いに皆さん考えていただきたいと思っているが、まず幼稚園とか保育園の無償化については、その持続可能性を含めて十分検討していく必要があると思う。その上で、そういう新しい制度を作るに当たって、それを法律であるか憲法であるかということについては、国民の代表である国会議員が国会の場で、県民や国民の思いを踏まえて十分しっかり御議論いただきたいという趣旨で、先ほど答弁を申し上げた。


その他県政報告はこちらから>>

添田町観光大使就任式(熊谷真実さん)

6月12日、添田町では女優でタレントの熊谷真実さんを観光大使に起用した。熊谷さんの亡父が同町出身という縁があり、オークホールで就任式が行われた。これまでの豊富な知識と抜群の知名度で、地域の魅力や観光情報を広く発信して頂きたい。
熊谷真実さんは、1979年に放送されたNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」でヒロインを演じ、現在もテレビや舞台で活躍されている。

ちなみに、田川市郡の観光大使は、
田川市〜哀川翔(俳優)、中島かずき(劇作家・脚本家)、鈴木ナオミ(歌手・女優)、貴乃花親方(大相撲)
糸田町〜阿武松親方(大相撲)
福智町〜IKKO(美容家・タレント)


その他平成29年活動報告はこちらから>>

平成29年6月定例会〜代表質問(吉武邦彦県議)

平成29年6月14日(火)、6月定例会で宗像市選出の吉武邦彦県議が会派を代表して質問に立った。知事の政治姿勢をはじめ県政全般にわたっての質問。緑友会福岡県議団の代表質問の項目は以下の通り。

平成29年6月定例県議会
緑友会・立志 代表質問 吉武 邦彦議員 
 1.知事の政治姿勢について
1− アメリカの「パリ協定」脱退表明に対する知事の所見について
1− 県の地球温暖化対策の取組みについて
1− 北朝鮮のミサイル問題への認識について
1− 県民に対する情報提供について
1− Jアラートのサイレン音について
1− 市町村との連携による県民への情報提供について
1− 本県独自の情報収集について
1− イコモス勧告への所感について
1− イコモス勧告で4資産が除外された理由について
1− 世界遺産委員会に向けた取組みについて
1− 本県におけるキャンプ地誘致の状況について
1− 現在の市町村に対する支援体制と、今後の支援のあり方について
1− キャンプ地誘致によるレガシーについて
2.震災対策について
2− 県地域防災計画における被害想定と震災対策について
2− 物的支援について
2− 人的支援について
2− 避難所外避難について
2− 県内市町村の防災拠点となる公共施設等の耐震化に向けた取組みについて
2− 県有建築物の耐震化の現状と取組みについて
2− 多くの人が利用する民間の特定建築物の耐震化の取組みについて
 3.農政・水産問題について
3− 水田農業の振興について
3− 品種開発の取組みについて
3− 筑前海における漁礁の設置について
3− 漁礁の効果と利用状況について
3− 全国豊かな海づくり大会を県全体で盛り上げていく取組みについて
3− 大会を契機とした水産振興について
 4.雇用問題について
4− 中小企業の人材確保に関するこれまでの取組みについて
4− 中小企業の人材確保のための今後の支援について
5.福祉問題について
5− 再犯防止推進法に対する評価について
5− 再犯防止に向けたこれまでの取組みと地方再犯防止推進計画の策定について
6.少子化対策について
6− 子育て環境の整備について
6− 少子化対策のための、男女共同参画社会の考え方について
 7.教育問題について
7− 学校における薬物乱用防止教室の実施状況について
7− 薬物乱用防止教室において薬剤師を講師とすることについて
7− 薬物乱用防止教室における薬剤師会及び県の取組みについて
7− 青少年へのアンチ・ドーピング教育について
7− 本県公立中・高等学校での部活動指導員の規制等の整備について
7− スポーツ指導者の国家資格化について
7− 教員の負担軽減について

その他緑友会福岡県議団はこちらから>>

教師は五者たれ、ピグマリオン効果

久しぶりの教育論議。3月で定年退職した辻眞作先生、既に定年生活を満喫(?!)されている太田亮一先生とバーベキューをしながら田川の教育、日本の教育について熱く語った。途中、小学校に勤務している長女も立ち寄り、暫く熱心に聞き入っていた。その話の中で、教師は五者たれという話題になり、五者の精神とは、

学者〜人にものを教えるのであれば、膨大な知識を身に付ける必要がある。膨大な背景知識を習得していれば、自信を持って教える事が可能になる。また、知識や理論だけを身に付けるだけじゃダメで、あらゆる分野の経験を積み重ねることが何よりも大事。どんな知識や理論よりも、自分の経験には説得力がある。

医者〜子どもの性格や長所短所を見抜く力が必要。タイプや性格を素早く見抜き、強みを伸ばし、弱みを克服させる力。

役者〜人を惹きつける力。よく揚や間の取り方、場の盛り上がり方、その場に応じた身だしなみ。教師は、単にものを教える仕事ではなく、役者の側面を持つことが大事。

易者〜占い師の事。子どもたちが抱えている悩みや不安を取り除く力。 多くの心配や不安を抱えている子どもに、「あなただったら絶対に大丈夫」「自分を信じろ」と、自信を持てるように後押しする。 根拠がある訳でも無いのに、1つ1つ可能性が実現するように後押しする必要がある。

芸者〜楽しく学べる環境を作る力のこと。タイミングよく「笑い」を盛り込むスキル。陽気に振る舞い、場の明るさ、明るい子どもへと変化させる力。

なかなか面白かったのが、ピグマリオン効果についての話。人間は期待された通りに成果を出す傾向がある。50年も前に、アメリカの大学で教育心理学の実験で、ネズミを使った実験をし、実証されたもの。長女も興味深く聞いていて、さっそく期待度が高い、みんな出来るね、評価されとうよ、と誉める授業をしたよと実践しているようで、一人前の教師になっていくためには、一流の指導者に接することが大事だと感じたみたいだった。筑波大学なんかにどんどん研修で行くことを勧められていた。

<


その他平成29年活動報告はこちらから>>

ふくおか県議会だより第22号〜平成29年5月発行

ふくおか県議会だより第22号が平成29年5月19日の県内くまなく新聞に折り込まれています。予算を伴う2月定例会では、会派を代表して質問をし、県議会だよりでも掲載されていました。是非ともご覧いただき、県政の取り組みにご理解と関心を持っていただければと思います。PDFはこちらから


その他県政報告はこちらから>>

Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS