神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/24 21:57
 HOME
HOME > 新着情報一覧

緑友会福岡県議団facebookページを開設

緑友会福岡県議団のfacebookページを開設しています。できるだけ、更新していきたいと思いますが、是非、”いいね”やフォローをお願いします。

<緑友会福岡県議団基本理念>
緑友会福岡県議団は、食と緑を守り、県民の安全と快適な生活を確保し、真の幸福を希求するために、県土の均衡ある発展と地方自治の確立を図ることを主要な理念として、県議会の下で福岡県の発展に寄与するため行動する。
社会は、格差社会の拡大や環境、雇用、福祉、教育問題など多くの課題を抱えている。中でも農林水産業の振興・発展は重要な課題である。自然環境の保全、食料の安定供給や安全な食料の提供など農林水産業が果たしてきた役割は大きく、この機能の向上をさらに進めなくてはならない。
これらの課題解決に向け社会の変化に的確に対応した政策を提言し、豊かで住みよい社会を構築し、次代に自信と誇りをもって手渡すことができる豊かな福岡県を創造する。
われわれは地方分権が進展する中、県政発展のために尽くす高邁な信念と旺盛な情熱を持ち、高潔を旨とし、実践行動する。


その他緑友会福岡県議団はこちらから>>

4月の活動は地元中心に

4月の県議会は、年間の中でも比較的スケジュールが入っておらず、その分、地元中心になる。例えば昨日(4月19日)の活動は、川崎町の魚楽園に出向き、雨が降ると魚楽園駐車場が水浸しになっている。原因として、治山ダム事業の時に仮設道路にあるのではないかと、寺田響町議から陳情があり、現場を見てきた。オーナーとも話をすると、仮設道路をつくる前と後では、あきらかに排水が出来ていないとの事。たしかに一因があると思い、直ぐに飯塚農林事務所に行ってきた。

 魚楽園

 仮設道路と駐車場

 飯塚農林事務所

また、県営筑豊緑地のプール内にある男性サウナが壊れて久しく、昨年、地元の方々から依頼されていた。県建築都市部の公園街路課長に改善策も伝え、29年度予算で復旧(修理修繕)するようになったが、現状の進捗を指定管理者に直接尋ねに行ってきた。話しを聞くと、他にもいろいろ利用者から苦情やクレームがあがっていて、やはり現場に出向き、スピーディーな対応が必要だと感じる。

田川県土整備事務所では、3年前からの陳情で治山事業により影響があったのではないか、と言う事案について調査依頼していた案件の最終報告を聞き、依頼者宅へ出向き返答してきた。できること、できないことがあるが、きちんとした裏付け資料と納得できる理由が必要。小さなことからも知れないけど、ここを抑えておかないと、不平不満が残ったままになる。

また、平成17年度に添田町より「県道赤池添田線の新城地区道路排水及び歩道設置について」要望を受けていて、これまできちんとした回答がないままだと、田中正議長から連絡が昨年あっていた。県土整備事務所には早急に検討するように要望していた。当該箇所は、通学路指定がないことやJR九州日田彦山線の軌道が隣接していること等から、広い歩道の設置は困難な状況であるが、繰り返し、事あるごとに、話し合った結果、歩行者の安全を確保するため、局部整備により路肩を拡幅し歩行空間を確保するとともに、あわせて用水路の付け替えを行うように計画することになった。今年度(29年度)は、JR九州に擁壁等の構造物の詳細設計を委託し、来年度以降、用地測量、用地買収を行い、その後工事に着工する。

夜は上田川ライオンズクラブ例会に参加。この日は食事例会で、1次会は川崎町で、2次会は伊田の街へ繰り出した。 4月19日一日の活動でした。


その他平成29年活動報告はこちらから>>

失敗も必要!どんな失敗も「いい経験」になるはず

4月も中旬、入学式や入社式と、新人の皆さんは、まだ慣れない新たな環境で頑張っていると思います。前途有望な若い皆さんに心からエールをおくります。大きな夢と志を持って、その実現のために頑張る姿、それが何にもまして美しい。何度も失敗し、一つひとつそれを乗り越え、挫折したり、苦しんだり・・・でも、若いうちの失敗は大したことがないと思います。「いや、それでも失敗すると評価が下がる」「レベルを落としてでも、失敗しないことに越したことはない」とおっしゃると思います。でもですね、物事が失敗かどうかは自分の判断で決めたっていいんじゃないかと思うんです。他人がどう思おうと、自分が「失敗」と思っていなければ、「失敗」ではない。「いい経験」と思えばいいんです。
多くの人は極端に失敗を気にしすぎているんじゃないかと思います。もしかすると、「失敗しないこと」が目的になっていたり、「失敗してはならない」と思っているんじゃないですか?でもそれは、追求すべき目的ではなく、目的は別のところにあり、その目的を達成するた めなら、失敗してもいいと思います。失敗も必要であります。そんな目的があれば、どんな失敗も、もう「失敗」ではなく、「いい経験」になるはずであります。
いやいや、反論もあろうかと思います。それでも、若い人に再度、異論を申したい。
「僕は失敗したくないのではなく、後悔をしたくないんです。」と・・・

 田川高校1年生

 日本大学1年生

 麻生セメント入社1年目


その他平成29年活動報告はこちらから>>

県有施設(財産)の有効活用と地域振興

4月10日、福岡県消防学校新校舎完成式典が開催された。ここは県の中央部に位置する嘉麻市の旧県立嘉穂工業高校で、県立学校再編整備等に伴い廃校となった施設を有効活用し、新消防学校の開校に至っている。県では新消防学校を県全体の防災拠点として、火災・災害の大規模・複雑化など、社会情勢の変化などに対応した教育訓練を安全・効果的に実施するための施設に位置付けている。全体事業費としては約69億円となっている。
建設用地の選定について経緯を調べたら、検討委員会で様々な角度から議論されいた。県有財産である県立高校跡地の中から、必要な敷地面積を有し、かつ県内全域からのアクセス時間の平準化が図れる要件に該当する候補として、県立嘉穂中央高校、県立嘉穂工業高校、県立筑豊高校、そして県立田川農林高校の4校に絞り込まれ、さらに、公共交通機関による利便性や、住民に対する騒音などの影響、消防車両などが走行するための周辺道路状況、財政軽減のための既存施設の活用などの要件が整理され、最終的に旧県立嘉穂工業高校跡地を選定している。

昨年3月1日には、新筑豊自動車運転免許試験場が、筑豊地区の安全教育の拠点として業務を開始した。この施設は、旧県立嘉穂中央高校の校地、校舎・体育館を再利用し、新築するよりも費用を約10億円抑えている。旧試験場のおよそ1.4倍の広さの技能試験コースが設置され、また、子供連れでも講習を受けられる防音の親子ルームが備えらえている。

何れも跡地活用の効果としては、地域の住民交流はむろん、雇用の場も含めて地域活性化に繋がり、地元自治体のとって地域振興に資するものである。 2月定例会代表質問で県有財産の有効活用について取り上げたが、問題は田川地域の県立学校跡地。平成19年3月に県立田川農林高校と県立田川商業高校が閉校となって、現在の県立田川科学技術高校に統合された。今さらながら、田川郡から県立高校が2つもなくなったことに、誰がどこで決めたのか。田川全域の均衡ある発展のためには、本当にそれで良かったのか疑問が残る。
そして、この福岡県消防学校の設置。結局、旧県立嘉穂工業跡地へと移転先が決まり、今日の開校となっている。決定までの議事録はすべて目を通したが、政治は結果がすべて、結果がすべてを物語っている。

旧県立田川商業高校跡地には蟷蓋油屋福太郎のめんべい工場で活用されているが、この消防学校の候補に挙がりながら、未だ活用されていない旧県立田川農林学校跡地をどうするのか、地元自治体と十分に協議し、県として筑豊自動車運転免許試験場や福岡県消防学校のように、老朽化した既存の県有施設の移転を促すことを図り、地域振興に役立てなければならないと思っている。 地元選出の県議会議員としての使命がここにある。


その他平成29年活動報告はこちらから>>

事実であるが真実でない

「事実であるが真実ではない。」ことが世の中にはたくさんある。どうして嘘がまかり通っていくのか考えると、それはあくまで「事実」として発信しながら、「真実」の情報を発信せず、また 感情で訴えるために、結果、客観的な事実よりも、むしろ感情や個人的信条へのアピールの方が影響力を受けているように思う。
正しい情報をつかむことは、かなり大変なことだと思う。それは、
/祐屬箸録深造鮨じる生き物ではなく、自分が信じたいと思うことを信じてしまう生き物であるから。
発信者は真実を恣意的に伝えるから。自分にとって都合のよい事実のある部分だけを伝えるから。または信じさせたいものを伝える。

真実を知るためには、一方通行の情報だけじゃダメで様々な関係者からの情報をとる必要がある。そのためには時間と人脈が必要になってくる。確かな情報を収集し、真実を見抜く資質を高めなければ、言うがまま言われるがままになってしまう。


その他平成29年活動報告はこちらから>>

Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS