神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 15:03
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 分権社会〜権限なくして自立なし

分権社会〜権限なくして自立なし

筑豊の歴史や文化・伝統、産業をふりかえらず、将来の姿は見えてこない。そうすると、筑豊とりわけ田川には多くの課題が見えてくる。高齢者(世帯)が多い。生活保護の受給率が高い。従って高齢者福祉と生活保護費等々によって財政圧迫の要因となっている。財政の硬直化。少子化が他地域と比べても進み、子供の学力問題、地域リーダーの人材養成にも不安がある。等々、若者流出と過疎化により地域衰退に歯止めがかからない。MECEですべての考えられる要因を書き出し、課題解決の手立てを考えなければならない。結論から言うと、財源なくして地域の自立はない。だから税制移譲を含めた地方分権へと流れをもっていかないといけない。そのために、タウンミーティング等によって住民の意見をよく聞き、自分たちの街をいかに経営するかという視点が大事になってくる。権限には責任がともなう。本当に一人ひとりの知恵と勇気が今必要だと思う。


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS