神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 22:22
 HOME
HOME > 平成28年活動報告 > 23年ぶりに二人旅

23年ぶりに二人旅

7月16日から3日間の連休。後援会の方との毎年恒例の視察観光の予定が、突発的な出来事により中止となり、急遽、妻と二人で旅行することになった。子供たちは部活などがあったため留守番、よく考えると二人きりの旅行は23年ぶりで、子供が生まれて初めのこと。突然のことで、妻は大喜びの様子であった。16日夕方に部活帰りの子供を迎えに帰宅させ、小倉駅近くの駐車場へ。名門大洋フェリーのシャトルバスに乗り込み、新門司港(19時50分発)→大阪南港(翌8時30分着)へ。モノレール・地下鉄で新大阪駅に行き、新幹線で名古屋に到着。実のところ、名古屋は初めてで、周遊バス・地下鉄一日券(600円)を購入し、名古屋城と徳川美術館、そして名古屋港にある「南極大陸観測船ふじ」を見学する。京都に戻り、同志社大学に通っている長男と夕食をし、アパートに宿泊。翌日は、徒歩で20分のところにある二条城を散策し、レンタカーで比叡山延暦寺、大原三千院そして鞍馬寺と貴船神社に強行軍で行ってきた。18時京都駅から小倉へ。船に乗り、モノレールと地下鉄、新幹線にバス、レンタカーとまったくの行き当たりばったりでありながら、なかなか楽しい旅であった。

初めての旅行が23年前、新婚旅行でモルディブへ。すぐに北海道ルスツにスキーにも行き、その一ヵ月後に鹿児島に3泊4日の旅行に出かけ、妊娠中にはハウステンボスで宿泊し、九重高原のペンションへ。「10年後にはスウィートテンモルディブやね、いろんなところに一緒に行こうね。」と約束していたけど・・・4人の子供たちに恵まれ、家族でいろんなところに旅行はしたが、仕事が忙しく毎週のように出張が続き、選挙に出て議員になってからは、殆ど家にもおらず・・・君は家と学校の往復の毎日であり、僕は全国各地どころか、海外にも飛び出し・・・あの頃、結婚生活がこんな風になるなんて想像すらできなかったんだと思う。
”涙あり、笑いあり” ”修羅場をくぐり、家庭危機を乗り越え” ”幸せだったのか?不幸だったのか?” 君は何を考え、どう思っているのか?


その他平成28年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2208

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS