神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/06/21 15:06
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 水平線上に突起をつくれ

水平線上に突起をつくれ

”水平線上にやわら突起をつくりつつ 富士より高くなりよとぞ思え”

これが母校田川高校の建学の精神。昨日は岳陽同窓の諸先輩の方々と会った。ついつい長居し、話が熱くなる。やはりこの建学の精神が一人ひとり脈々と受け継がれているんじゃないかと思う。昭和55年8月、3年生の時に甲子園に出場。僕らにとっては大きな思い出にもなり、当時街にとっても明るいニュースであった。校歌も田川健児の歌も心に響く。青春は今にあり、理想を高く活動していこう。

「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。」サムエル・ウルマンの「青春の詩」の話も出た。20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時、はじめて老いる。頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり80歳であろうと人は青春の中にいる。僕はこれを読むと不思議と心に熱い情熱が湧いてきて、気持ちが奮い立つ。


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

1. 名前:miffy - 2006/02/24 11:26
青春真っ只中の神崎サンが目に浮かびますが、青春とは本当に年齢ではありませんよね。私は父を見ているといつも感じます。こんなに人生を謳歌している人も珍しいと。60歳にして趣味に仕事に多忙で・・・残りの人生を楽しむと宣言して以来は・・・暇を見つけては行った事のない場所へ旅行に行っています。時には『寝る時間がもったいない』と(^-^; 自分自身で楽しんでいる父の背中を見ながら、自分よりも楽しそうだなと感じる場面があります。私も周りからそんな風に見られる様に日々生活したいなと思います。幾つになっても・・・(^0^)Y

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS