神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/24 22:46
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 三方一両得(人・地域・企業)

三方一両得(人・地域・企業)

今、社会情勢の変化に伴って、多様性を尊重するワークライフバランスの提供が必要となっている。新しい働き方、暮らし方の創出を図るために、ITの活用は有効な手段になるんだと思っている。時間や場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークの導入で、企業の生産性の向上と社員のワークライフバランスの向上を実現する施策がいろいろ考えられる。平成12年に福岡県SOHO協議会委員となって、SOHO事業が創り出す新しい産業とSOHO事業者の経済的・社会的地位の向上、ビジネスチャンスの拡大や技術向上に取り組んできた。こういった活動が、きっと福岡県経済の活性化、さらには日本経済の活性化につながってくるんじゃないかと思っている。

また、当初から関わってきた福岡県の子育て応援宣言企業もワークライフバランスを推進していく上にも大切な取り組みだと思っている。僕は、企業や産業にとって男性も女性も同じ戦力なんやと思う。せっかく育ってくれた人材が子育てを理由に退職してしまうのは、それまで人材育成の投資に時間と労力をかけてきた企業にとっても大きな損失である。そして、男性社員も仕事中心人間ではなく、もっと家庭に入っていってもらいたいなぁ〜と率直に思う。職場も家庭も人材育成の場。子育てに参加することは、仕事にも深みとやる気を与えてくれるから。男性も短時間労働勤務や育児休暇をどんどん取得してもらいたいと思う。でも、どんなに制度が整ってもそれを活かせる風土がなければ意味がない。トップが率先して、教育や父親が子育てすることの重要性を呼びかけることが大切なんだと思う。小学校就学前の子どもの看護のための休暇制度を作ったり、子育て期間中SOHOで仕事ができるような雇用形態及びSOHOでの開発環境の支援制度を提供することが企業の成長につながるんだと思っている。

福岡都市圏・北九州都市圏への遠距離通勤を緩和をはかり、出産や定年退職等でリタイアした有能な人材を発掘して、埋もれた能力を再度社会に還元する仕組みをつくっていければ、企業側にとっても地域活性化を目指す地方の側面からも期待が持てるんじゃないのかなぁ。既存設備の利活用、それと家族まるごと移住型による過疎対策さらには子育て環境や第2の人生へのチャレンジにも、テレワークの推進は三方一両得(人・地域・企業)になるんじゃないかと考えている。


その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1108

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS