神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 23:03
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 神崎敏代おばあちゃん七回忌の法事

神崎敏代おばあちゃん七回忌の法事

午前中、オークホールで行なわれていた添田町女性の集いに神崎妻と一緒に出かけていた。そして、午後からは、おばあちゃん(神崎敏代)の七回忌法事だった。三回忌の4年前の時も、一生懸命に地域を廻っていたのを思い出してくる。4年前、地元添田町を挨拶で廻っていても、地域の人で僕を知っている人はほとんどいなかった。知っているのは助産婦だったおばあちゃんや、添田町役場に勤めていた亡父(神崎次彦)の話題ばかりだったので、「死んだ親父やおばあちゃんから守られているんやなぁ〜」って帰宅して仏壇に手を合わせていた。今でも地域を廻っていると、あんたの親父にはお世話になった、神崎さんのおばあさんから子供をとりあげてもらったと感謝されることがある。僕は何もしていないのに・・・本当に感謝しなければと思う。

ちなみに祖父(神崎日義・明治39年4月9日生‐S52.3.18)、祖母(敏代・明治43年2月20日生‐H16.4.1)で、長男の神崎義生伯父さんを筆頭に5人の子供がいて、そして孫である僕らは13人で、ひ孫は全部で31人になっている。配偶者をすべて数えると67人になってしまう。何かすごい人数になってしまう。一応、家系図は父が、昔、妹(亀谷悦子)と一緒に調べた家系図をデータとしてバックアップしている。神崎日義→櫛永孫一→櫛永專平→櫛永房蔵、神崎マン→神崎初太郎→神崎平八→神崎磯右エ門、また配偶者の方もルーツもお寺の過去帳で天保の頃まで調べていた。

浄土真宗である僕の家は添田町法光寺の門徒である。僕も妻も聖光保育園であり、小さい頃は、よく大きいおばあちゃん(曾祖母)やおじいちゃんにお寺に連れて行ってもらったのを思い出す。また、おばあちゃんは、仏教婦人会の副会長もしていた。浄土三部経が終わってから、住職がとても心にしみる話をしてくれた。

身体に障害を持った小学生の女の子が家に帰って来て、水泳が泳げなくていじめられたそうです。
今度、学年で水泳大会があり、「意地悪な友だちが泳げないことがわかっていて、私を選手に選んだ。」と泣きながら母親に訴えました。
そのお母さんは、頑張りなさいと突き放したそうです。
普通だったら、「この子は泳げないので他の人に変わってもらえないでしょうか」と学校に行くところを、このお母さんはそれをしなかったのです。
そして、仏壇に涙を流しながら手を合わせていたのでした。
ふすまの隙間からそっとその様子をみていた女の子は、それから泳げるように一生懸命がんばったのです。
大会当日、女の子は一生懸命に泳ぐのですが、今にも溺れそうなのです。その姿を見て、意地悪な子供たちは笑っていたそうです。
半分ぐらい泳いだところで、服を着たまま飛び込んだ先生がいました。
女の子に「君は一人じゃないぞ、みんなが君を応援してるだぞ」と、そう言って、プールの中を歩きながら一緒にゴールを目指しました。
そして、女の子は最後まで泳ぎ切りました。ゴールした時には学年全員が拍手で女の子を迎えたそうです。
意地悪に笑っていた子供たちも一緒に拍手を送っているのです。
その様子をお母さんは、見つからないようにそ〜っとプールサイドから見ていたそうです。
服を着たまま飛び込んだ先生は、校長先生でした。
そして、お母さんは、「私が助けたら、これから先ずっと助けなくてはいけません。何れ私の方が先に死んでしまいます。どんな試練も乗り越えてもらいたい、それを信じているからです。」そう校長先生に話したそうです。
親というのは、木の陰に立って見ています。仏さまはこの母親と同じように私たちを見てくれているんです。

目頭が熱くなった。

2010/03/08 00:08

その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1116

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2010/03/08 16:51
コメントありがとうございます。 法光寺の御院家がスリムなったかどうかのコメントは差し支えたいと思います。僕は人の事を言える体型じゃありませんので(笑)・・・ そうですね、この話は、母親にとっては子どもを育てるっていうのは、無償の愛っていうか、見返りを求めない愛情なんですね。そして、この校長先生は本当の教育者なんだと思うんです。
2. 名前:Me - 2010/03/08 15:31
皆、沢山の人に支えられて、今があるんですよね。 またまた感動してしまいました。
3. 名前:laulu♪ - 2010/03/08 12:28
このお母様はスゴイです。 私だったら・・・「逆に、今しか助けてあげられない」と手を差し伸べてしまうと思います。 校長先生も、お母様から相談されて(?)、自然と学年全員が拍手を送るような状況を作られて、素晴らしい先生だと思いました。 ただ「みんなで応援しよう」と生徒に話をしたり、障害のある彼女だけを特別扱いするような指導ではない。 彼女が自分の力で泳ぎきるよう、そして周りの人達も自然と彼女を応援するような状況をつくる。 スゴイの一言です。
4. 名前:ヤン25 - 2010/03/08 10:32
ありがたいご法話です。 私を見守ってくださる大きな存在、母であり、仏さま。その存在に気付けば自然に感謝の心が起こりますね。 それにしてもこの校長先生は素晴らしい方ですね。 法光寺のご院家さん、ちょっとスリムになったかな?

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS