神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:50
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > えっ!本当なんですか?

えっ!本当なんですか?

現職議員になると、実に様々な陳情や依頼が来ると思う。今でもいろんな人から頼まれる事があり、自分の知識や経験そして人脈で解決している。解決出来る時は良いんだけど、解決が困難な時は、何の障害でそれが滞っているのか、どうすればクリアーできるのか、解決するためにどのような条件が必要なのかを粘り強く取り組んでいる。有難いことに、政治家も行政機関も民間企業も、結構チャネルを持っていて、いろんな人に相談することができるから、何とか処理できている。それでも、いろいろ手を尽くして、どうしても出来ない場合も、きちんと理由を説明し、依頼された人に納得してもらうように努力している。ここが大切なんだと思う。

今日は田川郡内をいろんな方に連れて行ってもらい個別訪問していた。現職議員の話題にもなり、僕へのリップサービスかもしれないけど、かなり現職議員の批判をされていた。陳情や依頼も、何一つ取り組んでいないし、「それはできない」と言って最初から話も聞かない。出来るできないは別として、まずきちんと話を聞いて、県政に反映させてほしい。何のための県議なのかと言われていた。

”本当なんですか?” ”いくらなんでもそれはないでしょう。”って思った。個人的な依頼だけじゃなくて、公の要望もそうだと言われるから、ちょっとあきれてしまった。

本来、県議会議員の役割は、住民の皆さんや地域、自治体からの要望を県・国に届け一つでも多くの要望を県政に反映・実現していくことにあるんだと思っている。もちろん、その要望が地域や県全体の利益になることが前提である。またいち早く、国や県の施策や様々な情報を地元自治体・地域・住民にわかりやすく伝え、理解してもらい、それをどう地域に発展につなげていくかを自ら考え行動していくことにあると思う。現職議員は、日頃から地域住民の皆さんや地元自治体、企業・団体の多くの人たちと接点を持ち、情報を集め、要望を聞いて、地域ニーズを把握していくこと。そして国・県・市町村そして議員の人たちとの情報や意見交換を通し、政治力をつけることにあるんじゃないかと僕は思う。それをしないんだったら、何のために政治家になったのかなぁ〜?あの苦しい選挙を誰のために戦ったのかなぁ〜?とても不思議な気がしてきた。

政治家にいつもまつわる、政治とカネ。選挙は、本当にお金がかかる。でも、報酬のための政治家だったら何の魅力も感じないなぁ。

”財を残すより人を残せ” ”金持ちより夢持ち” 今の僕には何の力もありませんが、選挙で勝ち政治家になれた時には、きちんと役割と責任を果たしていくことをお約束します。


その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1148

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2010/04/17 08:05
いつもコメントありがとうございます。 行政はどうしても、前例がないとか、手続きが煩わしかったりと、到底サービス業としての自覚がないんじゃないのかなぁ〜と思うところがたくさんありますね。でも、トップが民間出身者や改善しようとするトップのところは職員も違っています。やはりトップが変わらないと組織は動きません。
2. 名前:laulu♪ - 2010/04/16 21:05
“金持ちより夢持ち” 欲張りな私は、夢だけはたくさんあります。 夢をかなえる手段にお金が必要なのは仕方ないことですが・・・。 主観的な意見ですが、やはり役所とか公共の場に相談しに行くと『事前に例がないから無理』とか、あきらかに話を聞いてくれる態度ではないと感じることが多くて失望します。 なかには、さとっさんのように真摯に向き合って下さる方もいらっしゃるはずなのに(←そう思いたい)、そうでない方が圧倒的多数なので印象が悪いです。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS