神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:49
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 理念・信条なき野合政権の果て

理念・信条なき野合政権の果て

そもそも民主党と社民党とは、最初から憲法問題、外交・安全保障政策等に関する基本的なスタンスがあまりにも違いすぎていて、連立が空中分解するんじゃないかということは、最初から言われていた事。民主党と社民党の連立はまさしく野合であって、連立離脱はだれもが予想していたことであり、不思議なことじゃなかったんだと思う。過去の歴史からもわかるように、急ごしらえでつくった合意は、簡単に崩れ、理念・信条なき野合は、瓦解へと進み、社会主義的な政策は、必ず崩壊へと向かっている。民主党の失敗は、選挙のための理念なき野合政権に走ってしまったことじゃないかと感じる。社民党は、国の安全保障を左右する問題について、現実的なプランを道筋立てて実現させる事がなぜ主張しないのか?反対するのは誰でもできる。代替案を提案すべきだと思う。民主党の中にも、理想論に終始し、具体的現実論を持たない社民党と決別して良かったと思っている人も多いと思う。主義主張・理念を掲げて競い合っている政党同志が、選挙のためだけで協力をするのは、もう止めてもらいたいなぁと思う。いつも振り回されるのは、生活者であり、有権者であり、国民になってしまう。「国民のため」といつも政治家は言うけど、「国民の立場」になって考えてほしいと僕は思う。

それにしても鳩山首相の県外・国外移転とはなんだったのかという気がする。普天間日米共同声明で辺野古の原案に戻ったことはあまりにも沖縄県民を愚弄している。いたずらに沖縄県民の期待感をあおり、当初移転を支持していた沖縄県知事まで巻き込んで、慎重な立場に転向させ、どうして鹿児島県の徳之島の住民まで翻弄させてしまったのか。本当に鳩山総理の罪は大きいなぁと思う。


その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1186

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS