神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/27 09:11
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 一通のお手紙

一通のお手紙

こんな時だからこそ、心に「ゆとり」を持ちたい。相手の立場になって考える習慣を身につけたい。本当に地域を憂いている多くの人がいる。人が憂えることは「優しさ」だとは、坂本龍馬の母の言葉だった。優しさは「優れている」とも書ける。やさしさが行き来してこそ、人間関係もうまくいくと思う。人が人にやさしくなれる源泉は、人と人との関係の中で「つらい」思いをした時にあるような気もする。仕事で失敗して、自己嫌悪になった時。頑張ってもなかなか評価されずに自信をなくしかけた時。親しいと思っていた人から冷たい態度をされた時等々。

一通のお手紙を頂戴した。「決して無理や背伸びをせず、気負わず、力まず、多くの人に会って自分を知って頂くと共に、人を見る目を養い、本当に信用できる協力してくださる方を一人でも多く作ることが大切です。」

「ゆとり」と「やさしさ」、少し立ち止まり、肩の力を抜いて自分の意見ややり方をさりげなく表現、行動できるようになりたい。


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

1. 名前:よろん - 2006/06/14 16:02
元気になれるお手紙を頂いたのですね。会えば会う程魅力を感じる神崎サンが、沢山の方に会い、「素の神崎サン」を理解し、応援してもらえると嬉しいと思います。声に出来なくても温かく見守っている方が沢山いるはずです。蒸し暑い季節になりますが、お体に気をつけて頑張って下さい。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS