神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/08/14 21:02
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 江藤泰之さん壮行会

江藤泰之さん壮行会

 入社当時、NEC汎用機ACOS450のワークステーション

昨日(6月17日)飯塚市内で、麻生情報システムの江藤泰之さんが会社を退職し、新しいフィールドに挑戦するということで、ささやかながら壮行会をさせてもらった。昔話やこれからの活動に話が弾み、楽しい時間を過ごすことができた。思い起こせば、江藤さんとは長い付き合いと腐れ縁になったなぁ〜。昭和60年に麻生セメントに入社、情報システム部(筑豊電算センター)に配属になった。セメントシステムのオペレーションやシステム開発に従事した後、久山町にあった麻生高圧コンクリート工業のシステムを担当する事になった。ここのシステムの開発は、ソフト開発室に所属していた江藤さんが前職で取り組んでいて、僕が引き継いだ格好になった。富士通のシステムだったと思うけど、僕にとって訳のわからんシステム(???)で、久山から添田に帰宅するのが毎日午前様になっていた。平成2年に麻生セメント情報システム部とソフト開発室、飯塚病院電算室を統合し、衙秬絃霾鵐轡好謄爐悗汎販分社。会社の社運をかけてNECに出向になったメンバーが僕と江藤さんの2人だった。僕は当時26才、江藤さん35才の時やったんやなぁ。(若い!) そして2人で、当時第3次オンライン真っ最中の金融機関で仕事をすることになり、情報系のシステム構築を担当させて頂いた。今思えばいい勉強をさせてもらったと思う。

昨日もその頃の話で盛り上がったけど、江藤さんと一緒に銀行に出向していた時のエピソードがある。僕がまだ独身だったこともあり、
江藤氏 「神崎君、行員の女性の中でどんな娘が好みなん?」
神崎  「あの娘なんか感じいいですよねぇ〜」
江藤氏 「なるほどね」
何日かして、
江藤氏 「神崎君、今度の日曜日、嘉穂町でリンゴ村があるから遊び来んかい?」
神崎  「別に予定がありませんから、いいですけど」
そして、何も知らずにリンゴ村に行くとその彼女がいて、本当にびっくりした。江藤さんは、「それじゃ、あとは2人で・・・」と家族で別行動をとられ、結局その彼女と2人でリンゴ村を散策することになった。何せ、初めて話をするもんだから、自分のことをペラペラと喋り、「僕には、夢があるんです。」な〜んてことを言ったと思う。結婚なんて全然意識していない頃だったから、こりゃ〜その気になったら大変だと思い、実は江藤さんとの話でコレコレ云々と正直に話をして丁重にお断りしたけど、それでも誤解され傷つけたら大変だと思い、江藤さんを夜中に呼び出し、江藤さんからもきちんと伝えて下さいと話していた。その夜中に、僕の車の中で助手席にいた江藤さんに相談していたところを社員に見られて、あの2人は怪しいと噂になったりして・・・後でみんなで大笑いしたのを思い出す。

 前列左端(社内旅行の幹事)

自治体のシステム開発、県や国の案件等々で一緒に仕事に取り組み、僕が社長に就任した時には社長室長で支えてもらった。経済産業省の「教育の情報化推進事業」も「高齢者ECモデル事業」、「障害者支援事業」、「地域新生コンソーシアム」そして山田市情報通信整備事業(CATV)やe-zukaトライバレー構想もずっと裏方で取り組んでもらって、本当に助けてもらった。一つひとつを思い出すと、仕事上でもよき理解者だったし、ゴルフも遊びも人生の上でもいろいろな相談に乗ってもらってたんだと思った。江藤さんは、僕らには到底想像のできない、本当に辛い、悲しい不幸に遭遇されている。家で江藤さんの話題になり、その事を考えただけでも目頭が熱くなる。それを乗り越えられてきた生き方に、ただただ頭が下がる。これからも、どうぞご活躍されて、僕でまたお役に立つことがあれば何なりとおっしゃってもらえればと思っている。

 左3番目後列緑ジャンパー


その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1197

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS