神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 23:22
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 人権講演会

人権講演会

やっと梅雨が明けたのか、本格的な夏が訪れようとしている。夜添田町のオークホールで妻と落語家の露の新治さんの人権講演会に行った。人権問題を題材にしながら、久しぶりに大声で笑った。初めからどんな面白い落語になるのか笑えることを前提に行っていたので、期待通りで良かった。笑いは健康に良い。そう言うえば何年か前にNEC九州支社販売店会がハウステンボスで開催された時に博多笑い塾というNPO法人があり、Dr.マジックの伊藤実喜先生の講演会があった。これはもう腹を抱えて大いに笑った。笑いで病気を治すという、いや〜本当にすばらしい先生でありマジシャンだったが、これがご縁で福岡県情報サービス産業協会の総会の講師に是非お招きしてもらったらいかがかと理事会で提案させて頂き、福岡県情産協でも講演してもらった。本当に笑えますよ。

印象に残った言葉に「頑張る」を「願生る」と書いた子供の紹介があった。願いに生きる。なんて感性が豊かなのか。子供の想像力なり発想にはいつも驚かされる。また、人間の受精の話も面白かった。何億分の一の確立で自分が生まれるが、3億の精子が卵子をめがけて飛び込んでいく。一番元気の良い、到着の早い精子が受精するかと思っていたが、それはことごとく弾き飛ばされ、たまたま後から遅れてやってきて少し薄くなった箇所からスルっと卵子に入ると言う。だから元気で一番に到達し競争に勝ったのがあなたじゃないんですよ、たまたま遅れたからあなたが生まれたんですよと、また面白おかしく話をしていた。楽しい講演会だった。


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS