神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/06/21 14:21
 HOME
HOME > 平成24年活動報告 > 地方分権改革シンポジウム

地方分権改革シンポジウム

5月7日経団連会館で、地方分権改革シンポジウム「国出先機関の移管実現と自立」に参加してきた。基調講演では、(前総務大臣・元鳥取県知事)で慶應義塾大学教授の片山善博氏が、出先機関改革の意義と課題をわかりやすく、また移管後の国のあり方や住民の皆さんとの信頼関係や政治的リーダシップの必要性について、熱く語って、とてもいい講演だった。パネルディスカッションでは、神野直彦氏(東京大学名誉教授・地域主権戦略会議構成員)、井戸敏三兵庫県知事(関西広域連合長)、嘉田由紀子滋賀県知事(関西広域連合国出先機関対策委員長)、古川康佐賀県知事(全国知事会地方分権推進特別委員会委員長)、村上仁志関西経済連合会地方分権委員長(三井住友信託銀行顧問)、松尾新吾九州経済連合会会長(九州電力相談役)から、それぞれ国出先機関の原則廃止”丸ごと移管”に向けて説明や意見を述べられた。特に九州広域行政機構は、県議会でも何度も議題になっているから、この機構が九州地域の活性化と地域住民の福祉の向上を第一として、分権型社会の確立に向けた突破口を開いていくんだと思う。

久しぶりに東京の空気を吸い、シンポジウム終了後は、別行動をさせて頂き、衆議院議員会館の麻生太郎事務所でいろいろ報告してきた。意見交換もでき、有意義な出張となった。それにしても、地方分権改革シンポジウムなのに、東京の大手町で行なうところが何となくしっくりいかなかった。時間が許せば、OSAC理事でお世話になった三井物産戦略研究所にも立ち寄りたかったけど、まったく時間がなく残念だった。

9日には帰福し、議員総会・政策審議会が開催され、6月定例会で代表質問の機会を頂いた。頑張ろうと思う。


その他平成24年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1614

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS