神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/24 22:01
 HOME
HOME > 平成27年活動報告 > 和して同ぜず

和して同ぜず

政治の世界に限らず、社会に出ると思想や信条が違う人とどうしても接しなければならず、出来たら避けて過ごしたいと思うところだけれども、そういう訳にはいかない。和を大事にしながらも、やたらと妥協しないことが、政治家には大事な要素だと思う。主体性を持つことが、”和して同ぜず”ということなんだと思う。そのためには寛大さと柔軟さを持ち合わせ、それでいて志を守り、人にへつらわない、そんな真の強さをを身につけたいものだと思う。”和して同ぜず”〜人間関係をよくすることをすすめながら、自説を曲げてはいけない。孔子は主体的な協調と無原則な同調との違いを説いている。逆に”同じて和せず”のような生き方をしている人もいる。

子曰、君子泰而不驕、小人驕而不泰。
”君子は泰して驕らず、小人は驕りて泰ならず”
「人格者は泰然として落ち着いているが、決して驕り高ぶったりしない。つまらない人間は驕り高ぶってはいるが、落ち着いてゆったり構えるという事ができない。」
秋の夜長に、久しぶりに論語を読み返そう。


その他平成27年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2150

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS