神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/06/21 14:04
 HOME
HOME > 平成28年活動報告 > 熊本地震と引き続く地震活動

熊本地震と引き続く地震活動

4月14日に突然襲った熊本地震、16日午前1時25分にはM7.3の本震に見舞われ、多くの命が絶たれました。心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。私たち、福岡県議会も被災地の一日も早く復旧・復興されることを願い、全力で努力を尽くす所存でございます。

相次いで大きな地震が続き、被災された方々の不安は想像もできません。また、被災地では、多くの家屋が全半壊し、道路や鉄道、空路が寸断、電気・ガス・水道などライフラインが経たれ、過酷な避難生活を余儀なくされておられます。加えて、避難所などは、水や食料、医療品などの必要な物資が不足し、被災地の方は大きな不安を抱えて過ごされています。一日の早い地震の鎮静化、復旧が待たれるところであります。福岡県議会も県執行部と一致協力して、最大限の支援を図る所存です。
本日(19日)、緑友会福岡県議団として「平成28年熊本地震に係る知事要請」をしました。知事には、九州各県と連携して、人的、物的支援に万全の態勢で臨んでいくように要請を行ないました。

福岡県の18日現在における支援状況について知事から以下のように説明がありました。
●被災建築物応急危険度判定士派遣〜17日から23日 10人/日、延べ70人派遣予定
●下水道事業災害時支援〜18日から1人/日派遣
●健康管理支援チーム〜17日から保健師等9名を菊陽町、大津町に派遣開始
●福岡県緊急消防援助隊派遣〜福岡県からの出動隊 71隊237人(県内25消防本部)
●福岡県DMAT(災害派遣医療チーム)派遣〜24病院26チーム120人派遣(15日)、12病院16チーム派遣(16日)
●福岡県警察広域緊急援助隊派遣〜第一機動隊、第二機動隊、交通部隊、航空隊、地域部隊、刑事部隊等約370名
●住宅支援〜被災者住宅支援窓口の設置(“鏈匱圓僚斬陲亡悗垢訌蠱稔被災者の県営住宅への申し込み手続きH鏈匱圓入居可能な公営住宅、公的住宅等に関する情報提供)※対象住宅〜福岡県営住宅140戸、福岡県内の市町村住宅及び住宅供給公社賃貸住宅約230戸
県営住宅等入居者への生活必需品の提供(寝具一式、肌着、水・食料、簡易コンロ、やかん、食器セット、石けん、タオル、ティッシュペーパー、歯ブラシセット、照明器具、ほか)
●支援物資の供給〜‐弾悩洵愛護動物救護に係る物資8備蓄物資
●ドクターヘリ〜16日から福岡、佐賀、長崎のドクターヘリが連携し、交替で熊本の被災者搬送に対応


その他平成28年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2191

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS