神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/05/22 20:06
 HOME

生老病死

昨日身内の叔父が亡くなった。昨日のお通夜今日のお葬式。涙が出てきた。今週の月曜日にお見舞いに行った時にはしっかりと話をしていたのに、本当に残念でしかたがない。ご遺族・家族の事を考えると何と言葉をかけていいのか言葉に詰まる。11月に選挙に立つという事で親戚寄りして頂き、「がんばるきな、やるきな、任せちょきない」と元気が良かったのに・・・父も亡くなり7年になるが、叔父も同じ添田町役場に勤務し頼りにしていたのに本当に寂しく、残念です。いつかは人は死ぬんでしょうけど、本当に残念で・・・

「誠実の道、人の宝なり」が亡き父のモットーであった。真心をこめて事にあたれば、やれない事はない。どんな人もまごころをこめて話し合えばきっとわかってくれる。と・・・何事をするにも、しっかりとした志を立てることが大事であり、はじめたらやり遂げるまで強い心を持ってがんばりぬかねばとならない。と父の言葉を思い出す。亡くなったおいちゃんの在りし日を想いながら今はただ心からご冥福をお祈りいたします。


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

1. 名前:miffy - 2006/01/28 09:47
人の死に直面するといつも色んな事を考えさせられます。今やっている事に後悔はないか!と。最近私の父も「残りの人生をいかに楽しむか」と仕事に趣味に多忙な様です。そんな姿を隣で眺め、一緒に笑い・・・楽しさ倍増の様な・・・少し寂しい様な・・・複雑な心境です。が、これからも父の決めた人生の楽しみ方を傍で見守りたいと思います。そして私自身も一緒に泣いて笑える友達を大切にしたいと思います。 身近な応援団を失った事はとても大きいと思いますが、きっとどこかで見守って下さっていると思います。ご冥福をお祈り致します。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS