神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/27 08:10
 HOME
HOME > 平成28年活動報告 > ここ数日、県土整備常任委員会活動

ここ数日、県土整備常任委員会活動

県土整備委員会の活動が続いた。7月26日、福岡県河川協会通常総会と河川関係事業及び河川総合開発事業の平成28年度事業説明及び平成28年度福岡県河川協会表彰があった。(博多サンヒルズホテル)福岡県においては、平成24年の九州北部豪雨による被害に続き、平成26年にも筑紫野市を中心とした局地的大雨による浸水被害が発生しており、現在、県において再度災害の防止に向けた浸水対策に鋭意取り組まれている。また、大規模な自然災害に対しては、「命を守るための行動」が重要であり、日頃から災害に対して備えることに加え、いざ災害が発生したときは適切な避難行動が必要となる。このため、県では県民の皆さんに対して避難に役立つ情報の提供、防災意識の啓発も併せて実施されている。災害に強い福岡県づくりのために、また次世代の子供たちに豊かな河川環境を残していかなければならないと思う。

8月1日は下関のシーモールで、下関北九州道路整備促進大会が開催され来賓出席。久しぶりに麻生泰会長にもお会いできた。小川洋福岡県知事も挨拶され、「リダンダンシー(代替路)の確保、災害対応の観点から下関北九州道路の整備は不可欠。加えて、この道路は、関門地域の産業、生活などの交流をより一層深化させることを可能とし、地域の一体的発展に寄与するもの。県としては、今後も、関係者の皆さんと一致協力し、下関北九州道路の具体化に向け、気運を盛り上げていくとともに、国に対し、必要な調査を行うよう強く働きかけてまいる」と挨拶された。

8月2日〜3日は、県土整備常任委員会の管内視察で、久留米県土整備事務所及び朝倉県土整備事務所管内状況説明と地元市町村要望、そして現地視察をする。現地視察では、久留米筑紫野線(久留米市・筑紫野市)、搭ノ瀬十文字小郡線(朝倉市)で、橋梁整備事業、道路改良事業、防災震災対策事業についての説明。大変参考になる視察だった。


その他平成28年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2210

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS