神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2018/11/08 08:53
 HOME
HOME > 県政報告 > 連休後の議会活動(福岡県議会タイ・バンコク都公式訪問)

連休後の議会活動(福岡県議会タイ・バンコク都公式訪問)

連休明けの5月8日、非公式代表者会議が開催され、それを受けて議員総会が開らかれた。県議会は2年で常任委員会等の委員が変わるため、主に人事について話し合いが行われた。常任委員会は、1期目前半が新社会推進・商工委員会に所属し、後半が農林水産委員会(副委員長)に、そして、2期目前半が県土整備委員会に所属していた。2期目後半は、文教委員会か総務企画地域振興委員会ということになるのか?まだ決定していない。

さて、5月9日から13日の日程で、タイ王国バンコク都議会に福岡県議会訪問団(タイ友好議連副会長)として、中尾正幸議長を団長に、九州の自立を考える会の藏内勇夫会長、タイ友好議連会長の吉村敏男会長、同議連相談役の原口剣生自民党県議団会長、同議連顧問の林裕二緑友会会長、そして、執行部からは服部誠太郎副知事も訪問する。主な目的は、昨年10月に崩御されたプミポン前国王の弔問のための王宮を訪問。福岡県議会とバンコク都議会の友好提携が今年10周年を迎え、これまでの取り組みに加え、今後とも両地域の関係が様々な分野においてより発展できるよう新たな覚書を交わし、次なる10年に向けての調印を締結すること。タイ政府教育大臣と、青少年交流事業やナコン・タマラートシに設置された柳川高の取り組み、あるいはデジタルコンテンツ教育の交流など意見交換し、バンコク都議会議員や前バンコク都議会歴代議長との交流など。さらに、バンコク都へ寄贈した消防自動車が活躍している現場の視察、JETORバンコク事務所でのタイの概況やASEANN経済などレンチャーも受け、タイ福岡県人会及びタイ福岡OB会との意見交換会などが行われ、 タイとの友好交流の促進に向けた有意義な訪問であった。
このような取り組みが、今後、福岡県にタイ政府の総領事館を誘致していく大きな成果に繋がるようにしていくことが福岡県議会の大きな役割と目的になっていくと思う。


その他県政報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2271

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS