神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/09/23 21:57
 HOME
HOME > 平成29年活動報告 > 飯塚農林事務所執行部との勉強会(自民党・緑友会)

飯塚農林事務所執行部との勉強会(自民党・緑友会)

6月定例会も終わったが、4月から続いている地元行事や業界団体での総会シーズンも終わりを迎えている。昨日(6月27日)は、筑豊地区中小企業団体連合会がバドドゥ・ル・コトブキで開催された。閉会日(23日)には田川農協通常総代会があり、開催前に顔を出したり、その他田川広域観光協会や筑豊横断道路建設促進期成会、田川地区シルバー人材センター、田川地区防災協会、田川郡社会体育振興協会評議員会、田川直方延伸整備促進期成会、筑豊中小企業経営者協会、JAたがわ農産物直売所来てみんね・かながわ、糸田町商工会、福岡県農政連・農政協議会、福岡県トラック協会筑豊支部田川分会等々・・・長生会や行政区総会も入れると本当に多くの総会に出席のご案内を頂くようになった。7月にも福岡県看護連盟や福岡県農政連小倉地区なども出席する予定で、これで今年の総会は一応終える。

一昨日は飯塚農林事務所の幹部職員と地元県議(自民党・緑友会)の勉強会&懇親会があり、年に2度(秋には管内視察)行なわれている。平成29年度の重点的取り組みについて、担当課長(農山村振興課、農業振興課、農村整備課、林業振興課、森林土木課)から詳しく説明を受け、その後、質疑応答という形式をとっているが、極めて真面目な勉強となっている。ただ、その後の懇親会が重要で、実にいろんな話ができるから、大変有意義な交流会となっている。

例えば、箱わなの導入や侵入防止柵の整備などを支援する鳥獣被害防止総合支援事業では、平成28年度は9地域協議会(関係市町村数14)が事業に取り組み、捕獲機材の導入や電気柵・ワイヤーメッシュ柵などの侵入防止柵等を整備している。田川地域では、
田川市鳥獣被害対策協議会(箱わな大型5、くくりわな6、金網柵400m)
添田町有害鳥獣対策協議会(箱わな大型3 小型20、ワイヤーメッシュ柵17,973m)
糸田町鳥獣被害防止対策協議会(ワイヤーメッシュ柵750m)
川崎町鳥獣被害防止対策協議会(ワイヤーメッシュ柵1,494m)
大任町鳥獣被害防止対策協議会(ワイヤーメッシュ柵500m)
赤村鳥獣害防止対策協議会(くくりわな3、ワイヤーメッシュ柵13,155m)
福智町農業振興地域整備促進協議会(ワイヤーメッシュ柵、465m)
の整備内訳となっている。

昨年度の主要獣捕獲実績(飯塚農林事務所管内)はイノシシ3,301頭、シカ1,705頭で、狩猟者の確保・育成対策として、ー輓通筏取得助成事業(県単)や⇒害鳥獣捕獲従事者緊急育成事業(県単)を実施している。△砲弔い討歪尚斑篭萢害鳥獣広域駆除協議会(1人)、添田町(2人)の実績である。獣肉の利活用では、添田町において国の交付金(地域活性化生活対策臨時交付金)を活用し、平成21年度に「添田町食肉処理加工施設」として整備(整備費25,865千円)。処理対象獣はイノシシ及びシカで、年間処理目標は80頭。施設開設当初は、年間30頭程度の処理実績であったが、近年は50頭程度で推移しており、現在、当面の処理目標として150頭としている。平成22年から「道の駅 歓遊舎ひこさん」において冷凍真空パックで販売が開始されている。しかしながら、家庭での調理が難しく販売が伸び悩んだことから、現在は、処理量のほとんどがジビエの希少性や調理方法等に理解のある専門料理店に仕向けており、関係者からは供給量の増が求められている。



その他平成29年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2280

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS