神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 22:19
 HOME
HOME > 平成29年活動報告 > 母の初七日、父が浄土へ連れて還る。

母の初七日、父が浄土へ連れて還る。

11月10日、母(神崎羊子)の初七日で法要をして頂いた。親戚の人たちがおられる葬儀の後に一緒に初七日をしていたが、基本的には還骨であり、本来であれば今日11月10日が初七日なので、午前中、お経をあげて頂き、夜は家族だけで仏間で初七日の食事をする。

今日11月10日は亡父(神崎次彦)の命日(平成11年11月10日)であり、 毎年、父の亡くなった現場に行き、自宅に連れて帰える。父は、母を迎えに来たのかもしれない。

父(神崎次彦) 「羊子、迎えにきたぞ」
母(神崎羊子)「ありがとう 長いようであっという間の18年間でした」
父「よく がんばったな」
母「孫たちも ずいぶん大きくなり みんな素直に優しく育ちました」
父「ちゃ〜んと、見よったから よ〜く わかっちょう」
父「俺の分まで よ〜く 可愛がってくれて すまんやったな」
母「でも いろいろあったけど、とても楽しく 過ごせました」
母「ゆっくり 話を聞いてね」
父「ちゃ〜んと 聞いてやる その前に あの世は いろいろ 面白い処があるから 連れていってやろう」
母「はい」

そんな会話をしてくれていたら、うれしいな。きっと、二人で積もり積もった話をするんやろうな。 二人とも突然、逝ってしまい、残された家族は本当に辛いけど、やっと母も父に会えたんであれば、哀しさ辛さは少しは和らぐ。79年間、お疲れ様でした。


その他平成29年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2300

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS