神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2018/12/12 06:34
 HOME
HOME > 平成30年活動報告 > 巣立ち3〜次男陽行大学へ

巣立ち3〜次男陽行大学へ

3月30日夕方から、名門大洋フェリーで陽行(あきゆき)の船出(引っ越し)。もしかすると、いやきっと、実家には帰ってこないかもしれない。大学進学と同時にそんな想いが頭をよぎる。これで、3人目の巣立ちとなる。うれしくもあり、ちょっと寂しくもあり・・・大学の入学式で隣に座っていた妻の目には涙が流れていた。

同志社大学の学長の式辞や総長の祝辞で、創設者の新島襄の建学の精神、「良心」と「自由」そして高尚な志の大切さを聞きながら、素晴らしい大学に入学して良かったと改めて思う。長男颯行も法学部4年で、学部・キャンパスが違うが、兄弟で同窓となって何とも不思議な気がする。自立した人間になるための第一歩になる大学生活を送ってほしい。多くの先生方から学問を通して高度な専門知識と、人間としての生き方や思想を学ぶ大切な4年間となるように。

帰りは、名門大洋フェリーが欠航となったため、阪九フェリーで帰路についた。既に就職した長女が学生時代に使っていた、冷蔵庫や洗濯機、テレビにレンジ等々があって、かなり助かったが、それでも一人暮らしはお金がかかる。僕らの時代は、体一つで上京し、自分のお金で時間をかけて揃えたが、今の時代の学生は本当に恵まれているなぁと思う。

2018.04.02 16:00


その他平成30年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2324

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2018/05/06 10:57
コメントありがとうございます。また、子どもたちを見守って頂き、重ねて御礼申し上げます。 県議になって7年となりましたが、民間出身にはわからないことがばかりでした。身の丈をわきまえながら、地域に恩返しができるように頑張ってまいります。
2. 名前:首藤尚亮 - 2018/05/03 10:25
小生住まいは新豊津駅の近くですがご子息が育徳館に遠くから通学していることを承知しております。 明治維新で生活困窮した武士の子弟が歯を食いしばって身を立て名を上げんとして刻苦勉励した伝統をご子息に受け継がせようとするお考えですね。 お父上も県会議員に埋没してはいけません。太郎さんの後継を目指すべきではありませんか?

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS