神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2019/11/24 08:23
 HOME
HOME > 県政報告 > 総務企画地域振興委員会管内視察(嘉麻市・添田町)

総務企画地域振興委員会管内視察(嘉麻市・添田町)

令和元年7月29日30日と総務企画地域振興委員会が開催された後に、初めて管内視察を行なった。最初の視察先は、嘉麻市の1729年創業の寒北斗酒造株式会社。ここでは日本酒を通じた海外交流について杉田社長より説明を受けた。ニュージーランド酒造・全黒とのコラボレーション。寒北斗酒造会社と杜氏のデービット・ジョールさんは5年前から交流があり、デービット・ジョールさんは、日本に留学経験があり、福岡県田川市出身の奥様がご縁だったとのこと。本年、ラグビーワールドカップが開催される日本を、日本酒を盛り上げたいと日本酒造「全黒(ぜんくろ)」立ち上げた。酒造りにあたっては全黒、寒北斗酒造、熊澤酒造が同じ9号酵母を使用する製造ということで始まった企画。「全黒」は、ラグビーの二―ジーランド代表チーム「オールブラックス」より許可を得て命名。全量手作りの食中酒として、すっきりととした香りに仕上がっている。
ちなみ、寒北斗の名の由来となった神社、「北斗宮」。緑がうっそうと茂り、風格ある佇まいを見せる北斗宮は、およそ千三百年前の天智天皇の時代に、北斗七星を信仰する若木連(わかきのむらじ)によって興され、黒田長政によって筑前十五社のうち一の宮とされ、延命長寿、縁結びの神様として多くの人々より尊崇を集めている。

次の視察先は、嘉麻市足白地区観光拠点施設整備で、旧嘉穂町の廃校となった足白小学校を九州最大級のボルダリング施設やレストラン・宿泊施設を含む観光拠点として整備。ボルダリングセンター K-WALLは高さ4.5m、総延長46m、農泊施設 カホアルペは客室17室、レストラン60席で嘉麻市のウィークポイントである宿泊と食を充実強化させている。ボルタリングは、東京五輪の正式種目に認定され、注目度も高いという。その昔、麻生情報システム時代に嘉穂町内の小学校にパソコンを導入させてもらい、嘉穂郡内の先生たちを教えていたのが思い出され懐かしかった。

最後の訪問地は、地元添田町の「ヒシミツ」。自宅から徒歩1分で、添田町の寺西明男町長から特産品のブランド化における地域おこしと観光戦略について説明を頂いた。新規創業者に対し、最大150万円の補助や六次産業化ベンチャーへのマーケティングリサーチ・販路開拓支援、地域おこし協力隊を活用したジビエや商品流通の推進、また定住促進策などの支援についてであった。


その他県政報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2420

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS