神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/24 22:56
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 笑いのある暮らし

笑いのある暮らし

今年も残すところ、あと1日となった。今日も一軒一軒廻っている。明日も午前中まで挨拶廻りをする予定になっていて、明けて2日からもずっと予定が入っている。足もパンパンに張っていて、選挙って言うのは山登りするようなものかもしれない。一歩一歩、自分の足で歩んでいく以外方法はないと思う。

「山を登るのは努力の一歩、選挙で歩くのも努力の一歩」

さぁ明日は大晦日、一年の締めくくりであるが、今日は家族と友人の家族で家で9ヶ月ぶりぐらいに一緒に飲んだ。月に一度は一緒に旅行なんかも行っていたのに、本当に久しぶりだった。仕事に子どもの事に課題も多く、でも楽しく面白く、よく話をした。選挙の話を抜きに楽しい一時を過ごす事ができ、妻も大変ご機嫌で良かった。そこで一句。

’雪はちらちら降る大晦日、家族揃って飲む暖かさ’

家族揃って過ごす生活は本当に心地がよい。疲れも不安もいっぺんに吹き飛んでしまう。そこには笑顔があるからだと思う。子供たちの屈託ない笑顔は温かさがあり、何よりも旺盛な生命力を感じる。「笑うかどには福来る」

実は、家庭も地域も同じで、ドロドロとしたギスギスとした環境よりも、「笑いのある」地域づくりが何より大事。バカ笑い、豪傑笑い、照れ笑い、高笑い、ニタニタ笑い、思い出し笑い、何でも良い。笑いは人間の感情の中で最も社会性の強い感情だから、笑いのある暮らしや社会が何より大事だと思ったりする。  


その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS