神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/27 09:05
 HOME
HOME > 平成19年活動報告 > 亡き父を思い出して

亡き父を思い出して

これまでの仕事と違う事は、CG(コンピュータグラッフィク)や映像、ゲームクリエータにミュージック、デジタルコンテンツ、アーティスト等と関わり合いを持てた事。僕自身にセンスがないので、本当に凄いなぁと思う。同時にいかに融合しあうかという課題もある。でもきっと大きなとチャンスなんだろうなぁと思う。

どうして苦手意識をもっているかというと、どうも子供のころのトラウマがあるのかもしれない。小学校6年生時に校内で自画像を描く機会があった。参観日に体育館に張り出され、父が見に来てくれた。父は僕の絵を見るなり、顔を真っ赤にして家に戻った。学校が終わり自宅に戻ると父は僕の耳を引っ張り、鏡の前に連れて行き、ほっぺたをつねられながら、「聡、お前のこの顔が赤に見えるか!緑色か!肌色やろうもん!」と怒鳴られた。僕は、ハッと思った。

実は当時ゴッホのひまわりや自画像を見た。子ども心に凄いなぁ、こんな絵が描けたらいいなぁと思い、ゴッホのタッチの真似をして描いたものだった。父にそんな言い訳をしても、きっとわかってもらえるはずもなく、人まねしてといって、また叱られるんじゃないかと、とっさに判断して言い訳をするのをやめた。それ以降美術がとてもいやになった。父も参観日にはもう来なくなった。

今考えると、父が本気で怒っていたのが面白く、懐かしく思う。でも、父はよく僕のいいところも悪いところ、性格もよく把握していたんだなぁ思う。そして高校受験、大学、就職、節目節目で適格なアドバイスをしてくれた。

あの時の絵はもうないが、僕の脳裏にはっきり描かれている。あの時に怒った父の気持はどうだったのか?今、僕自身がその父と同じ年齢になっている。

さぁこれからJALで東京に出発する。


その他平成19年活動報告はこちらから>>

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS