神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/05/25 10:34
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 高杉晋作と奇兵隊

高杉晋作と奇兵隊

劇団はぐるま座公演「高杉晋作と奇兵隊」が、香春町町民センター(4月19日)・赤村健康増進センター(4月26日)・田川青少年文化ホール(4月27日)開演されるとあった。近代日本の夜明けをひらいた若者たちのロマン、時間をつくって子どもたちに見せたいものだと思う。(いや、僕自身が見てみたい)

高杉晋作は、吉田松陰の松下村塾で学び、若くして俊才ぶりを発揮している。やがて晋作は、アヘン戦争後の上海に渡航し、西欧の列強に支配される清国の実情を知って危機感を抱くが、帰国後英国公使館を焼き討ちにして「攘夷」を実行し、幕府に攘夷を迫っていた長州藩も、下関海峡で外国船を砲撃する。結局報復を受けて惨敗してしまうが、晋作は過激な尊攘派と決別し、幕末日本の変革に身を投じていく。

そして高杉晋作は、武士の時代の終わりを象徴する革新的な組織「奇兵隊」をつくりあげ、禁門の変や幕府の長州征伐に揺れる藩を主導し、長州藩の進むべき方向を討幕維新へと導く原動力になっていった。一方、三味線を弾きながら「三千世界の烏を殺しぬしと朝寝がしてみたい」「わしとお前は焼山かづら うらは切れても根はきれぬ」と自作の都々逸を謡ったり、激しくもあり風流な面を持っていた。

どんな劇なのか見てみたい。晋作は、常識にとらわれない激しい言動とバイタリティがあったからこそ、変革の中心人物となり、維新への道筋をつけたんだと思う。吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬・・・150年経った平成の時代をどんな思いで見ているのか?

「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」〜吉田松陰時世の句

「おもしろき 事もなき世を おもしろく ・・・・・・」〜高杉晋作時世の句

「世の人は 我を何とも言はば言へ  我なす事は 我のみぞ知る」〜坂本龍馬

にほんブログ村 政治ブログへ 

2008/04/23 19:11

その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=538

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS