神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/05/25 10:37
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 突然の首相辞任から一夜明け

突然の首相辞任から一夜明け

 にほんブログ村 政治ブログへ 

結果的に自民党は2代続けて首相選びに失敗したということか?今回の首相辞任、当然野党は一斉に批判しているが、与党自民党が福田首相に批判するのはちょっとなぁと思う。たしかに唐突であるし、無責任と謗られてもしかたがない辞め方だと思う。それでも自分たちで決めた総理だから・・・1年前の事を思い出すと(新総裁決まる。不満と不安)、多くの国民の声と派閥単位という永田町の論理があまりにもかけ離れていたと思う。今度は地元選挙民(国民)の意見をよく聞いた上で、代議士一人ひとりの考え、そして県連それぞれの意思で投票して頂きたいと願う。でも、本当は自民党員一人ひとりの投票が望ましいと思う。時間的・作業的な問題はあると思うが、党費を納めている党員・党友の一番のメリットは自民党総裁選挙(=総理大臣)に投票できるのだから。自民党福岡県連は予備選を実施するということなので、党員・党友の皆様、是非地元麻生太郎幹事長をよろしくお願いします。

何度も福田首相の記者会見の映像が流れていた。最初は1年間の総理としての功績を自画自賛し、最後は記者の質問に逆ギレ状態だった。あまりよくない記者会見だったと思う。過去2度総裁選びで失敗しているだけに、自民党は今度は失敗が許されない。当選回数や経験が多ければいいというわけじゃないと思うが、安部総理・福田総理とも当選回数が5・6回であった。役職もそれほど豊富に経験されていなかった。豊富な閣僚経験と実績、そして政界はもとより官僚や財界との人脈、小泉総理も絶賛されていた国際的な人脈を持っておられる麻生太郎幹事長、この点が二人の首相と大きく違う点だと思う。

麻生太郎先生が総理総裁になった時には、まずムードを変えてほしい。日本の将来は明るい。決して悲観することじゃないと強いメッセージを送ってほしい。今日本のトップに必要なのは強いリーダーシップによる経済繁栄と大がかりな地方分権社会へのシフトだと感じる。外交も国民の財産と生命を守るため、拉致問題解決に全力で取り組んでもらいたいし、領土問題も後世まで引きずってほしくない。国際貢献もしっかり発信してもらいたい。

何れにしてもまず総裁選に勝たないといけない。昨年もこのブログを通してお願いしていた。(何の力もありませんから) 麻生太郎先生にはビジョンがある。何がしたいのかを明確にお持ちになっている。地元福岡・九州の皆さんは無論のこと、全国の皆さん日本の将来を麻生太郎幹事長に託そうじゃありませんか。是非、地方再生・日本再生・保守再生のため声を大にして地元選出の自民党国会議員に働きかけて頂き、新しい時代を自分たちの力で創っていかねばならないと思います。

2008/09/02 21:48

その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=633

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS