神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/27 08:41
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 世界経済危機を野党は認識すべき時

世界経済危機を野党は認識すべき時

良しも悪しも、政治から目が離せなくなってきている。新聞に目を通すと中山前国交相引退へという活字が飛び込んできた。大臣になって不適切な発言をした事が、辞任だけに留まらず引退につながるとは・・・9月24日に就任、28日に辞任、そして10月3日に政界から引退表明。人生というのは何がおこるかわからない。衝撃的なニュースだった。それでも、地球は回っているし、時代は常に変化している。まさに指導者の役割は極めて大きい時代だと思う。

何が起こるかわからない時代だからこそ、指導者は先見性を持たなければならないと思う。逆に先見性を持てない人は指導者としての資格がないといっても過言ではないようにも思う。時代というものは刻々と変化しているから、昨日は是とした事が、明日には時代遅れだということも少なくない。したがって、どのような時代に移っていくのか、経済はどの方向に流れているのかを見極め、変化を予見し、予め手を打っていく。こうしてはじめて国家も安泰し、企業は発展していくんだと思う。だから今は、経済(景気)回復=暮らしへの安心が第一であり、政局=選挙は第一じゃなくなってきている。KY(空気が読めない)という言葉が流行ったが、世界の空気は経済を何とかしなければという世論になってきているんだと僕は感じる。

全世界で不況の嵐どころか、恐慌の足音が聞こえている時だからこそ、和親一致の精神が一番に求められる。100年に1度あるかないかの世界経済の危機であり、日本も同様じゃないのか。日本丸の船長麻生太郎首相が沈着に進路を誤らず舵を切ろうとしている時、(与野党の)船員が冷静に協力を惜しまなければ、どんな嵐にあっても目的地に進んでいける。日本経済が持ち直すことこそが、国際貢献の一番の日本の役割のような気がしている。

にほんブログ村 政治ブログへ 

2008/10/04 16:32

その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=660

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2008/10/08 09:09
コメントありがとうございます。小沢代表の軌跡をみると明らかだと私も思います。合従連衡の連続で、政権をとって何がしたいのかよくわかりません。やはり民主主義って言うのは、広く意見を求めて代表選挙を勝ち抜くことが民主党は必要じゃなかったのかと思いました。
2. 名前:きらら - 2008/10/07 21:47
私は、いわゆる無党派層ですが、小沢嫌いです。世界大恐慌目前とまで言われている今日。政局優先のやり方に憤りを感じてます。挙国一致でことに当たらねばならない時に、とにかく、政権欲しさ。古い自民党そのままではないかと思ってしまいます。ああいう人物が党首の民主党。野党と言えるのかどうか大変疑問に思っています。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS