神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:38
 HOME
HOME > 平成21年活動報告 > 首相官邸の記者会見室のカーテンの色

首相官邸の記者会見室のカーテンの色

4月10日(金)首相官邸(記者会見室)で行なわれた首相会見、いつになく麻生首相の力強さが感じられ未来に明るい希望が見えるようだった。一貫している経済対策・景気回復に対処するため、過去最大の対策が打たれている。短期的には大胆な財政出動をするが、多くの借金を子供たちに残さないため、税制抜本改革は景気回復を前提に必ず実施すると中期の財政責任について述べられた。また、北朝鮮のミサイル発射への対応についても、日本としては拘束力のある決議が望ましい。きちんとした国際社会のメッセージが(北朝鮮)に伝わる事が大事である。そして、衆院解散・総選挙については、政権選択を考えた時、国民には、より安心感のある、そういったことを考えて選んで頂くのが正しいと思っている。経済、外交、国防といった政策を比較できるようにすべきだ。話し合い解散という方もいるが、何を基準に話し合い解散をするのか、分からない。2大政党の政権構想や政策をきちんと比較対照した上で選んで頂く。と話し合い解散を否定した。前日(9日)の日本記者クラブでの記者会見での新たな経済成長戦略「未来開拓戦略」が中長期の将来ビジョン。10日の首相会見が短期の対策として非常にわかりやすかった。

ところで、バックのカーテンの色は3種類用意されていて、官房長官の記者会見では、薄いブルーで、首相会見時は濃いブルーかワインレッドが使われている。会見時の色の選択はわからないけど、力強く国民にメッセージを伝えたり訴えたりする時には、ワインレッドの色のような気がする。

2009/04/12 22:52

その他平成21年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=808

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2009/04/13 22:38
ワインレッドの心・・・ですね。 経済はどん底なのに、何となく将来に希望が持てる、何となく明るさが出てきたんじゃないかという気持ちになってきます。日本はきっと良くなるという麻生総理の想いが伝わってくるようです。
2. 名前:ワインレッドの心! - 2009/04/13 21:52
強いメッセージで国民を安心させてくれてますね!右も左も解散、解散。そうではなく、今は景気回復が最優先だと思います。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS