神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/08/14 21:19
 HOME
HOME > 平成18年活動報告 > 三浦という塾

三浦という塾

今日、挨拶廻りをしていたら小学校1年生から習っていた習字教室で一緒だった後輩と出会えた。久しぶりにこの塾の事を思い出す。夕方から塾に行くが一字書いて、○がもらえれば帰って良い。逆に○がもらえるまで帰宅できないから、夜中の2時や3時までになる事が本当にあった。というより毎回2時3時の真っ暗闇の中を帰宅した。当然夕食も食べてないわけで、先生の夕食はお茶漬けで1分で食べていた。文鎮で叩かれる事もあり、竹や筆なんかでいつも頭を叩かれていた。そして先生は大きな声で気合を入れさせ、字の格好と言うより字が生けているか伸びがあるか、本当に字に気合を入れないと○がもらえない。高学年になると、何となく要領も良くなり、5分で帰れることもあり、低学年ほど辛く、みんな涙を流しながら頑張っていた。そこの塾を出た人は、根性があり、よく考えるとみんなそれぞれの分野で活躍している人ばかり。三浦先生と言えば、僕の年代から上の人は、知らない人は誰一人いない。この先生も明治の人。三浦先生は習字を通して根性や気合を教えていたのかもしれない。

その他平成18年活動報告はこちらから>>

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS