神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 23:04
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 陽行(あきゆき、10才小学校5年生)屋久島へ旅立ち!

陽行(あきゆき、10才小学校5年生)屋久島へ旅立ち!

4月2日(金)夕方よりライオンズクラブ4月花見例会があり、会議後お花見をしながら懇親を楽しむ。帰宅後、21時30分に次男陽行(あきゆき・小5)の屋久島永田小学校に「かめんこ留学」に家族全員で出発する。夜中2時前に鹿児島港に着き、車中で朝まで仮眠。8時30分出航のフェリー屋久島2に乗船し、12時30分宮之浦港着。いつもこのパターンで屋久島には行っている。

もう屋久島に来るのも20回は超えているのかなぁ?屋久島永田の里親さんと学校に出向いて挨拶をする。長男颯行(はやゆき)は、3年前の「かめんこ留学」先の里親さんのところに宿泊させてもらい、僕らは屋久杉ランドで散策する。宿泊は前回泊まった宮之浦港近くのホテル縄文に。前回このホテルのすぐ隣に創作料理「隠れ家」という居酒屋を見つけたので、今回もここで食事をする。オーナーは覚えてくれていて、新鮮なアジの刺身をサービスしてくれた。

4月4日いよいよ陽行とのお別れ。昨日から「お腹が痛い、歯が痛い、背中が痛い。」と何となく元気がない。里親さんにあずけて帰る前に、永田川上流の「よっこ」と呼ばれる横河渓谷に立ちい寄ってきた。渓谷までの細い道を、肩を丸めて寂しそうにトボトボ歩いている陽行を見ていると、こちらまで悲しくなってくる。11時とうとうお別れ・・・1人家に残り、僕らの車にいつまでも手を振っていた。・・・神崎妻号泣。

陽行君、小学5年生の10才。未悠(みゆう)姉ちゃんも颯行(はやゆき)兄ちゃんも経験しているとはいえ、親元を離れて、家族と別れて暮らす辛さは、本人しかわからないと思う。辛いし、不安やし、大変やし、心配やし、お金もかかるし・・・でも、あえてこの道を選んだ陽行は立派やと父は思う。すべては経験からしか始まらない。いくら言葉で言っても、考えたりしても、すべては行動した者しかわからない。大丈夫!この試練を乗り切れ!父もお母さんも、応援しちょうぞ!頑張れ!

11時30分屋久島宮之浦港を出港し、17時30分鹿児島港入港。お風呂は船内で済ます。熊本県八代市の宮原SAで食事をとり22時30分添田到着。強硬スケジュールで疲れたけど、1年間の陽行に比べたら何て事はない。1年後、陽行も父も結果が出ている。

2010/04/05 08:05

その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1139

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2010/04/11 13:19
ひらかわさん、メッセージありがとうございます。 こちらこそフェリーではお世話になりました。学生時代しかできないことたくさんあると思います。思いっきり楽しんで下さい。写真展の成功をお祈りしています。 それにしても、大学生は気楽で自由でいいなぁ〜!(笑)
2. 名前:ひらかわです - 2010/04/11 13:09
こんにちは!お久しぶりです。今日、サイトを見てみてびっくりしました(笑) まさか立候補しておられる方とは知らず・・・。 あの節はほんとにありがとうございました。 写真展がある時はまた連絡します! フェリーでお会いした時、やっぱり子供は純粋無垢だなーとほのぼの思いました。陽行君がすくすくと成長する事を願っています。 こうざき聡さんも頑張って下さい!!!!!

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS