神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/08/14 21:02
 HOME
HOME > 平成22年活動報告 > 頭がやわらかい子供の表現

頭がやわらかい子供の表現

今日は、田川2部PTAレクレーション大会が添田ドームで行なわれた。11年連続参加していて、下の子供がまだ小学校2年生だから、あと7年参加しなければ・・・これも、4人の子どもが3学年づつ離れているお陰で、長い期間、PTA活動に参加できるからありがたい。でも7年後、僕の年齢からしてどうなることやら・・・

小さい子供は、モノの見方や捕らえ方に習慣化・固定化されていないぶん、大人から見ると思いがけない言葉が飛び出してきて、時々ハッとさせられることがある。今日も、レクレーション大会が終わった後、家族で赤村物産館の隣でできている食事処に出かけた。土・日曜日は、1人300円でカレーライス食べ放題。カレー好きの子供に、「うまい?」と尋ねると「ん!うまい!」とこたえ、「おいしい、おいしい」とお替わりをしていた。「ねぇ、おいしい、うまいの他にどんな言い方があるかねぇ〜」とちょっと聞くと、「し・あ・わ・せ」と言う言葉が返ってきた。妻と目を合わせて、笑いが込み上げ、ほのぼのした気分になった。

頭が固くならないように、視点を変えるのはやさしい事じゃない。子供のように違う角度から見ることで、「なるほどこう言った見方ができるのか」「こういうふうに言えばよかったのか」と気づかせ、ちょっとしたユーモアというか、面白い表現が浮かんでくることもあるんやなぁ〜と思った。
妻  「今日、ちょっと疲れたから、焼きそばでもつくってくれん?」
僕  「うん、でも材料がないんじゃない?」
妻  「ちゃんと材料も用意しちょうき。キャベツに肉にソバに、ほらここに!」
僕  「そうけど、肝心なもんがないんよねぇ」
妻  「肝心なものって?」
僕  「やる気がない」と笑いながら応え、キッチンで焼そばを作るために立ちあがった。
妻  「ん!じゃ〜よろしくネ」


その他平成22年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1207

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS