神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:24
 HOME
HOME > 平成24年活動報告 > 新聞記事から

新聞記事から

1月24日、読売新聞筑豊欄に、添田町が2月から買い物弱者向け代行事業を始めるという記事。日常的な買い物に困っている高齢者ら「買い物弱者」を支援する事業で、電話などで町指定の代行団体に商品を注文、配達してもらうのが特徴で、安否確認も担う。事業費は約1,350万円で県の高齢者等地域支え合い体制づくり事業費を活用する。これは、福岡県の保健医療介護部(高齢者支援課)が、本年度の新規予算で計上している事業で、高齢者等の社会的弱者が住み慣れた地域で安心して生活を続けられるよう、地域で支え合う体制づくりを推進することを目的としている。この事業の総額359,157千円の予算で、添田町のような事業の他にも、|楼荵戮┨腓こ萋安寮の立ち上げ支援事業(地域住民、NPO法人等による高齢者等への支援事業費 等)、地域活動の拠点整備(高齢者等が交流する集いの場の整備 等)、人材育成(認知症サポーターの養成 等)に対して助成を行なう。

いろいろ県の事業費を活用してもらえると本当にうれしい。もっと様々な分野で取り組める補助事業・助成事業があるから、積極的に取り組んでもらいたいと思う。また、同じ筑豊欄に福岡アジアビジネスセンターも掲載されている。先日1月10日、新社会推進商工委員会で報告があった、中小企業のアジア進出を支援するためのもので昨日開設されている。福岡県や経済団体など52団体でつくる福岡県中小企業海外展開支援協議会が運営し、情報交換やセミナー・交流会を開催、国別・分野別に50名の専門アドバイザーの個別の相談も受けられる。こんなふうに新聞やテレビ等報道されると、関わっているだけに本当にうれしくなってくる。県の中小企業の皆さんのアジアへの営業(販売)展開がどんどん推進され、結果地元の雇用創出につながれば経済も活性化してくる。大きなマーケットがすぐそこにある。

昨日は、地元で所要の手続きやらで動き、午後からは博多で久しぶりにBIZQの片岡社長と紹介して頂いたIT会社の方との面談。夜は博多駅近くのお店で懇親した後に、JRで帰宅する。そうそう、添田郵便局で、メガネのアルファの高木さんとお会いした。”自宅・職場に訪問します”をキャッチフレーズに、”困った時に駆けつけます!あなたの側に走るメガネ屋さん♪” メガネのアルファさんも、よく新聞テレビ欄の横に大きく新聞広告を掲載されている。いかに知ってもらえるか、どんな内容なのか、良い品質・良いサービスがあっても、知ってもらわないことには始まらない。新聞は貴重な情報源!


その他平成24年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1557

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS