神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 22:30
 HOME
HOME > 県政報告 > 福岡県タイ友好議員連盟視察(平成26年1月26日〜2月2日)

福岡県タイ友好議員連盟視察(平成26年1月26日〜2月2日)

1月26日から2月2日の日程で、福岡県タイ友好議員連盟としてタイ・ミャンマーを視察訪問してきました。facebook(https://www.facebook.com/kouzakisatoshi)には随時アップしながら近況を報告していました。

バンコク都議会の議長表敬訪問は、昨年10月15日〜19日にバンコク都議会友好訪問で福岡県とバンコクとの交流を一層深く、強い絆として取り組みましょうという会談を受けての訪問でした。バンコク都庁舎中庭に桜の植樹をし、福岡県内の(20年過ぎると廃車になる)消防車8台を寄贈する約束をし、また来月3月24日から29日に、バンコク都議会のピバッ・ラップラータナー議長が来福される話を詰め公式行事がその場で話し合われたり、本当に政治主導で友好関係・共益関係・強い絆を深めていく姿を目の当たりにしてきました。ちょうどバンコク内で火災により死傷者が出たとの話が議長からあり、密集地で路地裏が狭く、ヨーロッパ仕様の消防車ではなかなか消火活動が難しさもあるようで、日本の小型消防車への可能性もあるんじゃないかと思いました。実際に、火災現場にも足を運びましたが、タイの生活環境を考えると、とても有効でかつニーズの高い提供ではないかと思います。県議会の活動ってなかなか見えないところがありますし、特に海外での活動は県民の皆さんにはわかりずらく、地道な活動だと思います。大々的に報道されます国との政府間関係も大事ですが、地方間の関係もしっかりやっていくことも世界に日本が貢献していく中で大事な事なんだと強く思います。

ミャンマーは初めての訪問地でした。1948年に英国から独立した後、議会制民主主義を採用しましたが、政党間の対立や少数民族問題等により内政が混乱したため、1962年に国軍のクーデターによりネ・ウィン政権が発足。「ビルマ式社会主義」路線を発表し、ビルマ社会主義計画党(BSPP)による一党独裁体制が開始されています。1988年、極度の経済状況の悪化と一党独裁支配体制に対する不満等から、国軍がクーデターを起し政権を掌握しています。軍事政権は、1990年に複数政党制による総選挙を実施していますが、総選挙では、アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)が大勝しています。その後の20年間は皆さんご承知の通りです。議会では、2011年1月31日に総選挙後初めて議会が招集されています。議会は、国民代表院(下院)、民族代表院(上院)の二院により構成されています。また、両院が合同で開催する議会を連邦議会と称しています。ミャンマー政府は首都機能を2005年にヤンゴンからネーピード市に移していますが、そのネーピード市で・スー・チー氏は、国会傍聴させてもらった時に後ろ姿を微かに見ました。ホテルはヤンゴンでしたので、在ミャンマー日本大使館の沼田幹夫特命全権大使との貴重な意見交換で、ミャンマーの政治・経済・社会情勢について説明を受けました。また日本貿易振興機構(ジェトロ)ヤンゴン事務所の高原所長さんとの意見交換をする場もあり、強行日程ではありましたがミャンマーに行けて良かったと思います。

ミャンマーでのミッションも終わり、再度タイ・バンコク入りし、職業訓練校(The BMA Apprentice School)訪問やバンコク都議会交流活動、そしてタイ国福岡県人会交流活動や福岡県バンコク事務所取り組みに対しての意見交換と精力的に視察活動をこなしてきました。本当に有意義で大きな成果があがった視察訪問になったと思います。


その他県政報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=1942

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS