神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/12/10 22:23
 HOME
HOME > 平成27年活動報告 > アリの法則(2:6:2)

アリの法則(2:6:2)

とにかく毎日何らかの行事が入っていて、”議会活動と地元活動”どちらを優先すべきか?内容によって取捨選択するしかない。

昨日(10月15日)は久しぶりにIT業界の社長たちと盛り上がり、楽しい時間を過ごせた。麻生情報システム時代の元社員もいて、とても立派に成長しているからうれしくなった。
そう言えば、社員研修の時、アリの話をしたことを思い出した。アリは、よく働くアリが全体の2割で、時々働くのが6割、まったく働かないのが2割で、2:6:2で分かれるという。もし、6割のよく働くアリだけにすると、不思議なことに、その中で同じように、「よく働く2:時々働く6:まったく働かない2」に分かれる。常に2:6:2の比率になるから面白い。

リーダーとして組織をどのように活性化し、組織のモチベーションを上げてさせていくのか、アリの法則と同様に、あらゆる組織や集団で同じような現象があるんであれば、どうしようもないけど、そこが人間。環境の変化や人が持つ人間性やポジションによって、2:6:2の法則が崩れてくる。やっぱり人って凄いなぁ〜と思う。政治の世界は、実のところどうなっているのか?ふと、そんなことを思った。

 行政区の敬老会

 地域振興学会(J.I.S.R.I)報告

 暴力団追放!地域決起会議(筑豊地区)

 九州うまいもん大食堂


その他平成27年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=2145

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS