神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/10/16 14:33
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 難局に立ち向かう麻生太郎幹事長。期待と希望。

難局に立ち向かう麻生太郎幹事長。期待と希望。

にほんブログ村 政治ブログへ 

政権浮揚につながるかどうか、福田首相が内閣改造を行ない、それに伴い自民党役員人事も併せて実施した。麻生太郎先生が自民党幹事長に就任された。選挙の顔である幹事長に国民的に人気の高い麻生太郎先生を起用することで、起死回生の政権浮揚を狙ったものだと思う。近くなった解散・総選挙で間違いなく議席を減らす自民党として、最小限に食い止めるには、麻生太郎先生しかいないということが周知の事実なんだと思う。幹事長の要請を断って最大派閥の町村派を敵に回せば、首相への道が遠のくとの見方もあるし、選挙で大敗すれば共倒れというリスクも抱える。まさに両刃の剣である。

でも、自民党の危機的状況の時だからこそ、日本が困難な状況だからこそ、自ら矢面に立って難局を乗り越え、閉塞感を打破していこうとする姿こそが、国民は期待していると思う。幹事長就任で麻生太郎先生の待望論が大きくなってくると思う。「男は何度でも勝負する」 この言葉が筑豊の希望であり、日本の希望のような気もする。

福田内閣は政権浮揚が目的の内閣改造・党役員人事かもしれないけど、麻生太郎幹事長にみんなが期待しているのは、景気や経済問題、特に生活に直結するガソリン価格の高騰それに伴う物価高、不安に陥っている年金・介護の社会保障問題の解決に向けての取り組む姿勢なんじゃないかと思う。結果、総選挙で勝利し、国民からの圧倒的な支持で次期総理大臣のイスを勝ち取ってもらいたいと心からそう思う。お身体に気をつけて頑張って下さい。

さて、昨日は伊藤信勝田川市長と1時間近く二人で話ができた。e-zukaトライバレー委員会での取り組みや官民一体となった観光事業、医療の問題等々、もちろん僕の選挙についても励まして下さり、今度こそは必勝を期し、期待に応えていきたい。それと「神崎さん、ブログで紹介しといてね」と言われた。辻内智貴さんの原作「信さん」を映画化されるという。 

”時代は昭和、あの頃、そこには炭鉱があった。貧しくともみな懸命に生きていた。 そして、子どもたちがいた。夢、希望、そして淡い恋。 遠い記憶に涙がとまらない。 胸震える感動の物語”

この映画のターゲットである団塊の世代の人々に、自分たちが育ったあの頃の姿を思い出してもらい、自分たちが一生懸命に生きてきた昭和を振り返り、心打つ上質の日本映画を目指しているという。「信さん」〜僕の町は炭鉱だった〜 楽しみがまた一つできた。

今日は福岡で九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K−RIP)を訪問していた。麻生泰社長が会長を務められていて、経済と環境の両立を目指し、九州地域における環境・リサイクル産業の育成・振興を通じ、循環型経済社会システムのモデル構築と地域経済の活性化を目的としている。先日ブログで紹介した循環型経済社会の実証的モデルの件で訪問。その後九州経済産業局等に行っていた。

夜は夜で久しぶりに自宅で妻の方で近所の親戚が集まり僕の選挙近況を話し合った。親戚や各町村の後援会の方々ともしばらくご無沙汰しているので、また機会をつくりながら徐々にエンジンをかけねばと思う。今から2年8ヵ月あるが、日数では1,000日を切っている。      ”次選挙まで長くもあり短くもあり”

2008/08/01 21:30

その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=613

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS