神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/04/24 22:51
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 内閣支持率低下〜それでも僕は支持をする

内閣支持率低下〜それでも僕は支持をする

率直に厳しい数字が付きつけられた。どこに行っても皆さん良い事は言わない。苦言と辛口が多い。人の心はうつろぎやすいもの。一度落ちた支持率をあげるには、大変な労力なり実行が必要だと思う。逆に反対派の人たちは、ここぞとばかり得意気になり、自分たちの意見が大多数かのごとき勘違いっていうか、錯覚に陥ったんじゃないかと言うような発言も目立つ。麻生政権にとって本当に逆境だと思うが、逆境こそチャンス。麻生首相の所信表明演説、僕はこの言葉を信じて疑わない。

日本は、強くあらねばなりません。強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。
 日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇らせなくてはなりません。
 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進する所存であります。
 わたしは、悲観しません。
 わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。そしてわたしは、決して逃げません。

今は世界の金融危機から発せられた日本の危機と言っても過言じゃないんだと思う。だから政局よりも政策とずっと言い続けておられる。自民党みんなが選んだ総理総裁だったら、どんな事があっても支え続け、一致団結してトップの方針をそれぞれの立場や役割で、アクションプラン(政策)を実践することが何より求められているんじゃないのか。やれ新党とか合従連衡だとか言っても、ほとんどが現職議員。今一度、1993年を思い出してもらいたい。


その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=709

コメント

1. 名前:神崎聡 - 2008/12/11 07:55
コメントありがとうございます。 本当に10年先、100年先の日本のあるべき姿を示してもらいたいなぁと思います。 あの吉田松陰は、200年後300年後の日本の若者たちのために、今、あたな方の熱き命を捧げ、立ち上がれと訴えました。この日の本を守る、熱き志士になれ!と、そして日の本を強き国にすることが先決だと命をかけたんです。 「身はたとえ、武蔵の野辺に 朽ちぬとも留め置かまし 大和魂」
2. 名前:真実 - 2008/12/10 23:05
私も疑っていません。 今回捲いた種はいずれ芽吹き、樹齢100年を越す大樹となるでしょう。政治家の方々には今日明日のことではなく、10年先、100年先を見据えて活動して欲しいと思っています。 毎回力強いエントリをありがとうございます。
3. 名前:神崎聡 - 2008/12/10 07:43
政治は結果がすべてだと申します。発足してまだ2か月。成果を見て評価すべきだと思います。マスコミ報道に惑わされることなく、成果を見守りたいと思います。 歴史は後から評価されます。きっと麻生太郎首相で良かったと・・・あの時代麻生総理だからこそ、乗り越えたんだと・・・そう評価されることを疑いません。
4. 名前:Me - 2008/12/09 11:19
こんな時代だからこそ・・・こんな時期だからこそ・・・精神的に強い麻生先生が総理で良かったと思っています。 支持率やマスコミに揺らぐ事なく強く太く頑張って欲しい。 選んだからには支えたい・・・そんな気持ちで見守っています。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS