神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/07/24 17:48
 HOME
HOME > 平成20年活動報告 > 深刻な雇用問題を解決するには

深刻な雇用問題を解決するには

昨日(12月17日)、小倉でフライトシステムコンサルティング、NTT−Westと一緒に忘年会。1月31日に懇親会をした同じ場所だった。フライトの杉山さんと経済危機に伴う雇用問題について意見交換もした。特に、地元福岡では自動車関連の派遣社員の契約打ち切りによる雇用をどうするのか、ハローワークの今のような役割じゃなくもっと業界全体の雇用のミスマッチングを解消すべき等々、もう一度ゆっくり相談してレポートにまとめたい。

今回の金融危機を発端とする世界規模の景気後退の影響が、ここまで急速に雇用情勢を悪化するとは9月15日(リーマンショック)時点ではわからなかった。それが、非正規労働者(派遣労働者、契約社員、請負労働者、パート)が、契約期間満了による雇い止めや中途解除によって失職する、いわゆる「派遣切り」によってどんどん失職している。

調べると、2004年労働者派遣が製造業にも解禁され、これを受けて、自動車産業を中心とした多くの製造業で、正規雇用者の代わりに非正規雇用者を多数雇用したのが経緯。景気がいい時は、大量に雇用されるが、不景気になると真っ先に契約解除されるという事になる。非正規労働者は、言わば企業にとって便利な雇用の調整弁になってしまっている。

今日、野党3党は雇用対策関連法案を参院で可決したが、内容は〆陵册眥蠅亮茲蠑辰卦制2カ月以上勤務した派遣労働者を雇用調整助成金の対象とする2鮓曚気譴診標労働者に住宅を貸与し、生活支援金を支給する が柱だという。でも、実際多数の労働者の失職にどの程度の効力を持つのか?よくわからないなぁ。より重要なことは、雇用創出力のある産業を育成していくだと思う。そのためには、既存産業をどのように強くしていくのか。また、新産業をどのように生み出していくのか。中長期的な視点から将来の日本の産業・雇用政策の方向性を示すことこそ、今の政府に求められているんだと思う。

一つの受け皿は、まさに第1次産業そのものにあると思う。農業も林業も水産業も、本来は国の根幹を成す産業なのであり、衰退したからこそ興隆の可能性はきわめて大だと思う。食糧自給率の向上が国家的課題となっている今だから、また後継者不足に悩んできたからこそ、農業に雇用の創出を見出すことができないものか。極端な人手不足の産業(福祉・介護・医療現場等々)に、夢と希望を持たせ、地場産業の振興と同時に国も元気になるんであれば、国が手厚く保護をしてもいいんじゃないか・・・今の危機を突破するには、小手先のパフォーマンス的な法案じゃなくて、中長期的な視野を持った大胆な政策が必要だと思う。


その他平成20年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=716

コメント

1. 名前:人事総務部-ブログ&リンク集- - 2009/03/15 23:09
雇用創出プラン(福祉雇用)の提言 *本当に「雇用のミスマッチ」なのか 世界同時不況による異常な雇用危機に対し、地方自治体が実施しているのは2〜3ヶ月間の臨時短期雇用のため、期限到来で終了してしまいます。次の一手をどのように考えているのでしょうか。実際のところ、政府や厚生労働省は掛け声だけで地方自治体に一任(丸投げ)です。マスコミやエコノミストは、人材が不足している「介護・農業・林業」分野に人材をシフトすべきと、ひたすら「雇用のミスマッチ」を訴えています。しかし、この雇用危機に対して、一体誰が真剣に考えているのか疑わざるを得ず、製造業に従事している非正規労働者の生活を真剣に心配しているとは思えません。 雇用創出プランは下記のブログにてご確認下さい *人事総務部ブログ&リンク集  http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/
2. 名前:人事総務部-ブログ&リンク集- - 2009/03/15 23:08
「派遣切り」・「2009年問題」・「雇用対策」は何処へ *急務は「現在の雇用」 政治(与野党共)もマスコミもジャーナリストも、皆大変だと言葉だけの心配に留まっているように思われます。と言うのは、「労働者派遣法改正案」は見直し審議待ちの足踏み状態で進展しておらず、その先が見えないため、「派遣切り」に歯止めがかかりません。「派遣切り」を加速させている要因は、政府及び厚生労働省の不十分な対応にあるということを理解しているのか疑いたくなります。いったい「雇用対策」はどこへ行ってしまったのでしょうか?とくに製造派遣の「抵触日(3月1日)」が過ぎてしまった現在のわが国において、最重要視されるべき課題はまさに「雇用対策」です。「雇用対策」ができれば、わが国の景気の底支えは可能です。雇用が底支えできれば、将来に対する不安も緩和されます。何といっても一番は「現在の雇用」です。数年先の雇用対策では意味がありません。 *救済手立ては「雇用創出プラン(福祉雇用)」! 詳細は下記のブログをご参照下さい *人事総務部ブログ&リンク集  http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS