神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2017/07/24 17:29
 HOME
HOME > 平成21年活動報告 > オープン化への流れ

オープン化への流れ

今日(2月24日)日経産業新聞にOSACの記事が掲載されていた。

寺島實郎OSAC会長

OSACの名刺

何度かブログで紹介(地域情報プラットホーム準拠のOSACフレームワーク)(戦略研FW)(OSACと福電協)(東京出張3日間活動報告)(朝から夜まで動く)(課長島耕作)(都道府県CIOフォーラム)(地域情報プラットホーム)(成功体験が足かせ〜改革は地方から)しているが、自治体のシステム構築にOSS(オープンソースソフトウェア)を利用して、公正な競争環境やコスト削減など狙いとする。IT関連企業で構成される民間団体のオープンスタンダード化支援コンソーシアム(OSAC)では、「電子自治体アプリケーション・シェア推進協議会」と連携し、電子自治体システムの構築を支援する活動を展開している。その1つが、地域情報プラットフォームに準拠した共通基盤システムを担うOSACフレーワークの無償提供である。福岡県電子自治体共通化技術標準のライブラリーにソースコードが公開されている鳩ヶ谷共通基盤システムを組み込み、ミドルウエアや開発フレームワークなどをオープンソースソフトウエア(OSS)でパッケージ化して提供する。

何がいいのか?ライセンス料が無償提供という事。オープンソースであるため大手ITベンダーに依存することがなく、地場IT企業が技術が蓄積できITを核とした地域振興ができる。地域情報プラットホーム準拠だから自治体のみならず、例えば観光・流通・金融等々、地域内のあらゆる業種業界で活用できる。

何故採用していないのか?告知が足りていない。精通した自治体職員がいない。単に新しい事に疎い(?)・・・でも、予算がない。財政が厳しいという事であれば是非検討してほしい。かなりのコスト削減が可能であり、地域の活性化にもつながる。地域情報プラットホームに準拠したOSSの導入は、時代の流れだと思う。でも、トップ(首長)や議員にその認識がなかったら職員はなかなか動かないもんなぁ〜。


その他平成21年活動報告はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=1773&eid=772

コメント

コメントはまだありません。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS